韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓流速報
WoWKoreaトップ韓流速報  (SNSで話題の最新情報)パク・ヘイル
パク・ヘイルのまとめ プロフィール
2019年10月8日、「殺人の追憶」8件目の殺人事件で「冤罪」事件。溶接工のその後。
●先月、俳優パク・ヘイル が扮した真犯人が発覚。
●真犯人は8件目の事件に対しても自分の犯行であると告白。

※以下、冤罪の溶接工と仲良しの看守のインタビュー内容。
●刑務所で看守として約10年間、溶接工ユン氏と一緒だった。
●ユン氏は「私が殺した」と警察で自白をした。刑事の拷問があり、虚偽の自白をした。
●自白をしない限り、死ぬと恐怖を感じたそう。当時、この事件の過酷な捜査で自殺した人もいた。
●第2審以降、ユン氏は一貫して無罪を主張した。拷問の事実も知らせたが、裁判では証拠がなくて受け入れてもらえなかった。
●彼は孤児出身で障害がある。彼を助ける人が誰もいなかった。
●刑務所では「無罪なのに無念にも入った子」と呼ばれた。
●ユン氏は今も自分を拷問した刑事と起訴した検事の名前を覚えている。
●体毛を分析する当時の技術が信頼できるのかは、疑問である。有罪判決の証拠はDNA検査ではなかった。
●ユン氏は20年間、刑務所で模範的な生活をしていた。
●刑務所内で縫製技術を学び、毎日12時間を働いた。稼いだお金は全部貯金した。
●2009年、20年ぶりに模範囚として仮釈放された。
●宿泊施設と仕事を私が斡旋した。その縁で、今も連絡し合い続けている。
●「再審で無罪が認められれば、刑事補償金を受け取れる」と話したが、「私は名誉を回復したいんだ。お金には関心がない」と言っている。


2019年10月8日 15:15   From SNS

2019年10月8日、「冤罪」だった?映画「殺人の追憶」事件、その後。
●1980年代、10件の連続殺人事件。2003年に映画化。
●先月、別事件で無期懲役中の真犯人が発覚。映画で犯人役の俳優パク・ヘイル と似ていると話題。
●ソウルオリンピックが開かれた1988年に起きた8件目の事件。男性の陰毛が発見されたため、当時の警察が現場近くの高校生以上の男性全員の陰毛を採集。
●大量のチタニウム成分が検出されたため、障害の溶接工を犯人と特定。
●他の9件の事件とは関係がなかったため、「模倣犯罪」と結論。溶接工は懲役21年の服役後、2009年に仮釈放。「冤罪」を主張。
●真犯人も警察に告白。「8回目の事件も自分がやった」。。

2019年10月8日 10:12   From SNS

2018年8月26日、「ブランド評判13位」俳優パク・ヘイル、近況写真が公開。映画「上流社会」で主演。

2018年8月26日 09:56   From SNS

2018年8月22日、俳優パク・ヘイル、画報公開。Esquire。

2018年8月22日 12:32   From SNS

2018年7月31日、俳優パク・ヘイル、映画「上流社会」の制作発表会に出席。

2018年7月31日 12:40   From SNS

2018年7月18日、俳優パク・ヘイル 女優スエ出演映画「上流社会」、8月29日に韓国で公開確定。ポスター公開。

2018年7月18日 14:48   From SNS

2017年12月4日、俳優パク・ヘイル、「第22回消費者の日授賞式」に出席。

2017年12月4日 13:16   From SNS


コリトピ アクセスランキング