韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓流速報
WoWKoreaトップ韓流速報  (SNSで話題の最新情報)BIGBANG
「BIGBANG」のまとめ プロフィール
2019年5月10日、BIGBANG V.Iのクラブ「バーニングサン」共同代表のイ・ムンホ、「警察捜査」中にも麻薬使用?
●2月14日、イ氏に対する捜査が開始。
●2月26日、小便の簡易検査で麻薬成分が検出。
●麻薬使用の後、3〜5日が過ぎると、一般的に簡易検査では麻薬成分が検出しない。つまり、捜査期間中にも‪麻薬を使用したとの計算。。‬
‪※本人は否認中。15回の麻薬使用の嫌疑で4月に拘束済み。‬

2019年5月10日 0:1   From SNS

2019年5月9日、”逮捕状申請”元BIGBANG V.I(スンリ)と”親しい関係”にある青山光司氏、自身のSNSでスンリについて語る。「彼は男性から見ても、女性から見ても魅力的な人なのです」「彼は横領するほど困ってません」、彼を理解してくれてる方々や、彼を待っている方々は大勢います」。。

2019年5月9日 16:47   From SNS

2019年5月9日、【速報】元BIGBANG V.I(スンリ)、性接待は「あっせん」のみならず「自らも性売買に加担」。警察が9日午前の会見で発表。

2019年5月9日 11:1   From SNS

2019年5月8日、「ドラッグ姫」ハン・ソヒ、「論理力」が韓国で話題。。

※4月、俳優リュ・ジュンヨル の歯茎を真似する写真を掲載したら「外見卑下」との批判を浴びる。そのた時の対応。
●「悪意はなく真似してみただけなのに、『卑下』とは。。不便でしたら、申し訳ない。大人しいソヒになりますw」
●「(有名なイケメンASTROの)チャ・ウヌを真似していたら『外見卑下』と言われたのかな?」
●サランちゃんを真似した芸人の写真など、有名人を真似した写真を掲載

※このような騒動を報道した放送局「MBC」に対しても一言。
●「wwwwwwww面白いwwwwこれがこんなに(放送までする)ことかよ」
●「wwwwこの放送局の奴らよ、私たち「偉大なる誕生」の時の情があるでしょう?MBCは酷すぎる」
●放送局「MBC」はハン・ソヒがTOP10の寸前で脱落したオーディション番組「偉大なる誕生」を制作した放送局。。

※BIGBANG T.O.Pに大麻を勧誘。懲役3年で執行猶予4年の宣告。現在、反省しながら「フェミニスト運動」を展開中。

2019年5月8日 18:3   From SNS

2019年5月8日、BIGBANG V.Iに対する本日の「拘束令状」申請の「Q&A」。
●ソウル警察庁の「知能犯罪捜査隊」が担当。
●嫌疑は2つ。日本の投資家に対する「売春斡旋」とクラブの「資金横領」
●V.Iと「ユリ・ホールディングス」共同代表ユ・インソク(34)氏(女優パク・ハンビョル の夫)が対象。
●正式には「売春斡旋など行為の処罰に関する法律違反」「特定経済犯罪の加重処罰などに関する法律違反(横領)」の疑い。

※警察関係者が話す令状申請の背景は?
●「事案が重大であるとみている」
●「捜査過程で証拠隠滅をする恐れが濃厚だと見られている」
●「既に証拠隠滅を図った情況を確認した」
●「今後、司法手続きを通じて実体を証明することに支障が出来ると思われる」

※V.Iやユ氏は容疑を認めている?
●「V.Iは現在、自分の疑いに関する内容を否認している」
●「ユ氏は2015年の売春斡旋の部分を認めている」

※売春斡旋の詳細とは?
●「2015年の日本人投資家を歓迎するクリスマスパーティーでの性接待と2017年のフィリピンのパラワンでの誕生日パーティーなどで売春を斡旋した疑い」

※売春行為は誰が?
●2015年のクリスマスパーティーと2017年の誕生日パーティーの参加者などのため、風俗店の女性従業員などが動員された。

※売春の捜査は何処まで?
●「誕生日パーティー関連し、そのパーティーを計画して実行した関係者2人を含め、12人を調査した」
●「日本人投資家の性接待に関連、27人を調査した、関連の女性17人を立件した」「調査を受けた女性のほとんどが売春容疑の事実を認めている」
●「売春女性の代金を斡旋業者の口座に送金した事実も確認された」


2019年5月8日 16:35   From SNS

2019年5月8日、【速報】韓国警察が元BIGBANG V.I(スンリ)の逮捕状を申請。裁判所が発付の可否を決める審査後、スンリの「逮捕」が決定へ。。

2019年5月8日 13:47   From SNS

2019年5月7日、BIGBANG V.I に対する「拘束令状」は裁判所から発給される?
●警察・検察は早ければ本日、遅くても今週中には「売春あっせん」「横領」などの容疑でV.Iの拘束令状(逮捕状)を申請するとのこと。
●元々は先週までは申請する方針だったのが、「証拠」の補充作業のために、予想より数日の時間がかかった。
●V.Iは自分の容疑について否認していて、積極的に捜査に応じている。
●一般的には「住居不明」などで「逃亡のおそれ」がある場合、「罪証隠滅のおそれ」などが認められた場合に限って拘束令状が発給される。
●警察がこの数日の間、確保した証拠が「拘束の要件」を満たさない場合、裁判所からの拘束令状の申請が「棄却」されることも予想される。

2019年5月7日 15:9   From SNS


コリトピ アクセスランキング