韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaコリトピ
WoWKoreaトップコリトピ(みんなのブログ)
“春のワルツ”を歌った故メン・ユナ、「NCT」と共演した生前の姿に視線集中ー心臓まひにより死去。


歌手メン・ユナが先月末に死去したニュースが今になって伝えられ、彼女の生前の姿に注目が集まっています。

メン・ユナは昨年5月10日、ラジオ番組「NCTのNight night!」にゲスト出演しました。バンド「IZ」と一緒に出演し、「彼のプレイリスト」のコーナーを共に紹介しました。




当時のメン・ユナは頬がこけ、すっかり痩せてしまった姿を見せたことで人々を驚かせました。


彼女は昨年12月26日、自宅での心臓まひにより命を落としました。時期が年末であったため、近しい知人のみを招いて葬儀が行われたといいます。

所属事務所サイドは「来る6月に正規3集アルバムを発売する準備中でした。最近、大学の実用音楽科の教授として招賓されました。音楽創作に対してのストレスの他には特別な持病もなかった」と伝えました。


メン・ユナは2007年に日本で放送されたドラマ「春のワルツ」の“Flower(フラワー)”という曲をMEMORYという名で発表しました。その後もYUNAという名で日本でも歌手活動を行い、バンド活動なども経て実力と経験を積んだ彼女の早すぎる死に哀悼の声が届けられています。



2019/01/09 17:20

この記事が気に入ったら




「NCT」の関連情報

最新記事




アクセスランキング