wowKoreaコリトピ
WoWKoreaトップコリトピ(みんなのブログやニュース)
3000年に一度の正統派アイドル『SAY-LA(セイラ)』 メンバーそれぞれの“正統派の夏”とは?

キャッチフレーズが「3000年に一度の正統派アイドル」という女性6人組アイドルグループ『SAY-LA(セイラ)』。8月27日に4枚目のシングル「正統派の夏が来る」をリリースし都内を中心にライブ活動の真っ最中。

夏も終わりに近づいたこのタイミングで、メンバーの藤沢泉美、森のんの、咲山しほ、天原瑠理、清水亜夢、沙藤まなかが思う「正統派の夏」とは何か?話しを聞いた。

–8月27日に発売された「正統派の夏が来る」はどんな曲?
森「私たちは3000年に一度の正統派アイドルなので、正統派アイドルらいしいポップで可愛らしいメロディーに、歌詞がすごくポジティブになっていて夏の暑さに負けないくらいの熱い気持ちで前向きに頑張って行こう!という背中を押してくれる歌詞がたくさん詰まっています。ライブでも盛り上がれるポイントがたくさんあって、「Fly so high」とか「なつがくる」とかファンの方との掛け合いがあって盛り上がれる曲になってます」

森「SAY-LA(セイラ)のファンはもちろん、アイドルファンももちろん、アイドルはあんまり聞かないよって方にも、夏のテーマソングになってくれれば嬉しいなと思います。今年だけじゃなくて来年も再来年も夏になったら聞いて欲しいです! 冬場はまた別のSAY-LA曲を聞いてもらいたな(笑)」

–それでは、メンバーみんなが思う「正統派の夏」とは?
藤沢「夏と言えば暑いじゃないですか、暑いとみんな水場に行くんですよプールとか海とかに、で水着になるじゃないですか、私は今年TIFとかで水着になって写真を撮りました。私の中では『水着になる』ですかね。SAY-LAカラーの水色の水着がお気に入りです……面白くなくてすみません(笑)」

森「正統派の夏と言えば“海”かな……と思います。でも、私がイメージしている正統派の夏というだけで、私は海行かないんですよね(笑)。水に潜れないし、顔もつけられないし、水の中で眼も開けられないしカナヅチなんですけど海だと思います。MVは千葉の海辺のスタジオで撮ってるんですよ!そこも見どころの一つですよ」

–森さんの思う“海”とは海水浴場、それとも岩場の海?
森「私は神奈川県出身なんですけど、地元の人が行く海ってやっぱり江の島なんですよね、なので思い浮かべるのは江の島の海水浴場ですかね!『しらす丼』食べたり(笑)おいしいですよね」

天原「正統派の夏と言えば“花火”。今年メンバーのみんなで見ました、岐阜でライブがあったんですけど、偶然花火が見れて……」

–自分で花火はしないんですか?
天原「やりたいんですけど、最近うるさいじゃないですか……私も海とか砂とか得意じゃないので、花火が出来る場所があればやりたいですね」

–ちなみにやるなら何花火?
天原「線香花火ってやつを(笑)可愛くやります」

–爆竹とかロケット花火じゃないんだ?
森「正統派だから、爆竹なんて(笑)」
藤沢「5個持ちやりたいです!写真で文字書きたい」


沙藤「ちょっとみんなと違うんですけど、正統派の夏とは“成長する事”かなって思いました。私は6年間バトントワリング部で部活やっていたんですけど、夏休みにめっちゃ練習してて、夏が終わった頃に違う自分になってる感じがすごくあったので……新曲の『正統派の夏が来る』の歌詞にも。うまく行かなくても頑張っていたら良いことあるよ!って感じの歌詞なので、『夏が終わる頃にはまた新しい自分に会える』これが正統派の夏です!」(一同拍手)

–バトン部はどんなトレーニングするんですか?
沙藤「バトン部なんですけど“ドリル”ってやつがあって、全員で曲に合わせて兵隊さんみたいに移動するんですよ、ぶつからないように交差したりとか。あとは筋トレとか柔軟体操ですね(笑)。今、思えば楽しかったですけど、当時は上下関係とかキツイ思いしかなかったですね」

清水「今年はたくさんの野外ライブに出演させてもらったので、今振り返ると野外ライブで“正統派の夏”を駆け抜けてきたかなぁ~と思います。太陽に照らされて、汗かきながらするライブが青春って感じがして大好きなんです」

–熱中症は大丈夫でした?
清水「野外ライブ当日は、しんどかったりもあるんですけど、それを感じさせずに、(ファンの方に)涼しい顔で笑顔を届けるのがアイドルだなって(笑)」

–この夏印象に残ったライブはどこですか?
清水「フジテレビ開局60周年記念 ようこそ!! ワンガン夏祭り THE ODAIBA 2019の、「THE ODAIBA MUSIC LIVE」に出演させてもらったときですかね。すごい暑い日で、しかも日中でまぶしくて、やっているときは夢中で楽しくて、終わってペットボトルの水を一気飲みしてました」

咲山「ほとんどの人がそうだと思うんですけど、夏と言えば“夏休み”ですね、一番楽しみでした(笑)。お爺ちゃんの別荘が千葉の富津にあって良く行ってました、新曲のMVも千葉で撮影したので縁があるのかなと(笑)。別荘ではBBQとかタケノコ狩りとかやり、虫獲りも夢中になりました、テントウ虫が玄関にびっしり居たりして(笑)、夜になると蛾がいっぱい窓につくんです(笑)。虫はここで平気になりました」

–メンバーとBBQは?
咲山「まだないんですよ、『やりたい』ってずっと言ってるんですけど」
藤沢「やりたぁ~い!みんな時間が合えばやりたい」

–取材行きますよ!
森「えっ!やりましょう!」

–最後にPRをどうぞ
藤沢「SAY-LAとしては4thシングル、今回初めて夏にリリースなのでSAY-LAと一緒に夏を楽しく乗り越えて行きたいです『夏の暑さにも負けずに頑張りましょう!』(笑)」

【SAY-LA CD発売記念イベントファイナル】
9月1日(日)お台場ヴィーナスフォート教会広場 13:00/16:00

【トップ画像】
上段左から、咲山しほ、清水亜夢、沙藤まなか
下段左から、森のんの、藤沢泉美、天原瑠理 


2019/08/30 12:10

この記事が気に入ったら


エンターテインメントはエネルギー。芸能界とファンを応援する芸能情報サイト。

関連記事

最新記事




アクセスランキング