wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
「WINNER」、YGのイシューについて語る… “気にならなかったら嘘


ボーイズグループ「WINNER」が、YGエンターテインメントの様々なイシューに対する心境を打ち明けました。
「WINNER」は、23日にソウルで行われた3rdミニアルバム「CROSS」の発売記念記者懇談会を行いました。
現在歌謡界は、「WINNER」と同じYGエンターテインメント所属の楽童ミュージシャンが、「どうやって別れまで愛するっていうの、あなたを愛しているのよ(原題)」で長期間1位を記録した。これに対して「WINNER」は1位のバトンを受け継いで、そろってチャートの上位を占領することと見られています。

カン・スンユンは、「今回チャートを見ないことにしました。その理由のひとつが『楽童ミュージシャン』です。『楽童ミュージシャン』のアルバムが出るなり全曲を十数回繰り返し聴きました。個人的に尊敬したいほどにアルバムがとても良かったです。僕たちが出ること自体がプレッシャーになりました。プレッシャーというよりは、パフォーマンスや変身をお見せしたかったです。ファンの方々にコンサートで良い姿をお見せすることに集中したかったです」と明らかにしました。

また「WINNER」は、あいにくにもカムバック前にYGに様々なイシューがあったことは周知のとおりです。カン・スンユンは「気苦労がないと言えば嘘です。僕たちも記事を見て人々の反応も見ることになります。気苦労がありました。幸いファンの方にあえる機会がありました。ファンの方に会うことで耐えることができました」と話しました。



またWINNERは、ヤン・ヒョンソク総括プロデューサーの空席についても語った。カン・スンユンは、「WINNERが自主的にしなければならない状況が生じました。ミュージックビデオでも破格的なシーンが多いでしょう。この方向があってるのかと会議をたくさんしました。ミュージックビデオの監督ともミーティングを6回しました」と伝えた。
それとともにカン・スンユンは、「初めて僕たちだけで作ったアルバムです。確実にリードしてくれる人がいないから責任も僕たちに来るでしょう。大変な面があるのは事実ですが、それほど僕たちが伝えたかったメッセージを伝えようと思いました」と強調した。

2019/10/27 16:30

この記事が気に入ったら


韓国のことは任せてください。


「WINNER」の関連情報

最新記事




アクセスランキング