wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
チュ・ジフン、「キングダム2」に「ハイエナ」まで縦横無尽…デビュー作「宮」まで再注目


俳優チュ・ジフンが、テレビ劇場を占領しています。
SBS金土ドラマ「ハイエナ」とNetflixオリジナルシリーズ「キングダム」シーズン2で縦横無尽の活躍を見せているようです。
チュ・ジフンは、2006年MBCドラマ「宮(邦題:「宮 ~Love in Palace」)でデビューし、新鮮なマスクで注目されました。

その後、SBSドラマ「蒼のピアニスト」「仮面」、MBCドラマ「メディカルトップチーム」などで演技力を認められ始め、映画「アシュラ」「神とともに」シリーズ、「工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男」「暗数殺人」に出演して「韓国映画祭」の作家協会賞主演男優賞、「今年の映画賞」の助演男優賞、「春史大賞映画祭」の主演男優賞、「黄金撮影賞」の最優秀主演男優賞を総なめして韓国を代表する俳優として浮上しました。

そして今、「ハイエナ」と「キングダム」シーズン2を行き来しながら全盛期を享受しています。そこで「ハイエナ」と「キングダム」シーズン2でチュ・ジフンがどんな魅力で視聴者を捕らえているのかを調べてみました。
まず「ハイエナ」では、頭の中には法を、胸の中にはお金を抱いた弁護士のハイエナのような生存記を描いたドラマで、チュ・ジフンは大型法律事務所のエース弁護士ユン・ヒジェ役に扮しました。

これまで映画では重量感のあるキャラクターを引き受けてきたチュ・ジフンだが、「ハイエナ」で一転して自身とは正反対の人生を生きて来た雑草弁護士チョン・クムジャ(キム・ヘス)に会って恋に落ちて未練を露にするというキャラクターで視聴者と会っています。
半面、死者が生き返って生き地獄になった危機の朝鮮で、王権を狙うチョ氏一族の欲望と誰も信じることができなくなってしまった皇太子イ・チャンの血の死闘を描いた「キングダム」シーズン2では、民を守るために熾烈に戦う皇太子として劇をリードしています。

チュ・ジフンは、抑えた感情表現を土台に誰より孤独で寂しいが、民のために全てを投げうって権力者たちの欲望を断ち切るために決断力をもって進む成長した皇太子イ・チャンというキャラクターを立体的に描いてみる人を引き込んでいるようです。



そして「キングダム」シーズン2で展開する皇太子イ・チャンの姿は、デビュー作である「宮」と共に語られながら、彼の演技的な成長までスポットライトを受けている。こうしてチュ・ジフンは、まじめで賢明なキャラクターの分析と優れた感情演技で発展した演技力を証明しています。
このように「ハイエナ」のユン・ヒジェと「キングダム」の皇太子イ・チャンを優れた演技力で披露しているチュ・ジフンの活躍はこの春いっぱい続くものと見られます。
毎週金曜日と土曜日午後10時に放送される「ハイエナ」はSBSとNetflixで、「キングダム」シーズン2はNetflixで視聴することができます。

2020/03/22 21:46

この記事が気に入ったら


韓国のことは任せてください。


「チュ・ジフン」の関連情報

最新記事


アクセスランキング