wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
「#虫ケアはヘルスケア」人気漫画家・浅野いにおの描き下ろし“虫ケア女子”が読者を挑発!

アース製薬が、6月4日(木)『虫ケア用品の日』に、漫画家・浅野いにおが描き下ろしたイラストを、朝日新聞と読売新聞の朝刊で全面広告を掲載掲載する。

アース製薬は、蚊やハエ、ゴキブリなどの身近にいる虫は、感染症や食中毒の原因となる病原体を媒介する “健康リスク”であると考え、虫による健康被害から適切に対処するための製品を開発していると説明。「“虫を殺す”というよりも“人を守る”ために」という思いから、2017年10月に、「殺虫剤」と呼ばれていた商品群を『虫ケア用品』と呼称変更した。6月4日を『虫ケア用品の日』に制定したのをきっかけに、“虫ケア”は“ヘルスケア”として多くの皆様に日常的に意識してもらう事を目指している。

そして、『虫ケア用品』の呼称をより一層広めていきたい!という思いから、熱烈なファンを持ち、『ソラニン』や『おやすみプンプン』などの人気作品を世に出してきた漫画家・浅野いにおにイラストを依頼。浅野先生には、ノスタルジックな暑い夏のワンシーンで、一見無防備な“アース製薬オリジナルキャラ”の虫ケア女子が、飛んでいる蚊をアースジェットで撃退する虫ケアのワンシーンを、まるで読者に向けて挑発しているかのように、浅野らしいタッチで描き下ろしてもらっている。

アース製薬の担当者によると、「残念ながら『虫ケア用品』という呼称は正直なかなか浸透していません。それどころか、『虫をケアしそう』といった、誤解や反響をいただいている悲しい現状です……。そこで、『虫ケア用品』の呼称やその意味を多くの皆様にキチンとお伝えしたい!という思いから、人気漫画家の浅野先生のお力をお借りし、インパクトのあるイラストの展開が出来れば伝わるのでは!?と、正直浅野先生頼みで、今回の企画が決定しました。このイラストのように、多くの人に『虫ケア用品』が『ヘルスケア』の一環として、当たり前のように使われる日常になることを祈っています」とコメントしている。

アース製薬×浅野いにお『虫ケア用品の日』新聞全面広告 概要
■掲載日:2020年6月4日(木)
■掲載紙:朝日新聞/読売新聞 
■発売地域:全国 朝刊(全15段4色カラー)

■浅野いにおプロフィール
<浅野 いにお(アサノ イニオ)>
1980年生まれ、漫画家。1998年デビュー。映画化もされた話題作『ソラニン』、累計発行部数270万部を超える『おやすみプンプン』を刊行し、現在もビッグコミックスピリッツ(小学館)にて『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション』を連載中。若者の圧倒的支持を得るアニメのキャラクター原案や、アイドル楽曲の作詞も担当し、Twitter では33 万人のフォロワーを持つ稀代のマルチクリエイター。

■6月4日『虫ケア用品の日』とは
2017年10月に、「殺虫剤」と呼ばれていた商品群を『虫ケア用品』と呼称変更した。「殺」という文字が、「人体に有害」「使うのが怖い」というネガティブなイメージを与え、使用をためらう方が一定の割合存在すること、人体用虫よけ剤「サラテクト」や空間用吊下げ虫よけ剤「アース虫よけネットEX」などのように、殺虫を目的としない商品群が市場の約30%を占めているため。
“虫を殺す”というより“人を守る”という思いのもと、『虫ケア用品』という呼称変更を啓発しており、その活動の一つとして、6月4日を『虫ケア用品の日』として制定し、一般社団法人日本記念日協会から2018年10月10日に登録認定された。

「#虫ケアはヘルスケア」スペシャルサイト:URL: https://www.earth.jp/mushicare/

©浅野いにお/小学館


2020/06/03 17:01

この記事が気に入ったら


エンターテインメントはエネルギー。芸能界とファンを応援する芸能情報サイト。

関連記事

最新記事


アクセスランキング