wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
渡辺いっけい初主演映画『いつくしみふかき』著名人による応援コメント解禁!

2018年の『カメラを止めるな!』に続き、2019年のゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019で観客賞である「ゆうばりファンタランド大賞」の作品賞を受賞し、カナダのファンタジア国際映画祭の長編初監督コンペティション部門に正式出品され、現在までに11の賞を受賞している映画『いつくしみふかき』が、満を持してテアトル新宿ほかにて公開されている。

psychocinematography.comで2019年の日本映画トップ10の1位に選ばれた本作は、劇団チキンハート主宰の遠山雄の親しい知人とそのお父さんについての実話で、ひきこもりの知人が葬儀で父親をかばいながらも謝罪をした姿が衝撃的だったことが映画化のきっかけ。実際に知人が住んでいた長野県飯田市に、劇団員が実際に代わる代わる住み込んで、今回の映画化に漕ぎ着けた。

父親・広志役を、意外にも本作が映画初主演となる渡辺いっけいが、遠山の知人が基になったその息子・進一役を、遠山自身が演じ、W主演を飾る。
2人を取り持つキーとなる牧師・源一郎役に、ベテランの金田明夫、広志の舎弟・浩二を劇団チキンハートの榎本桜が演じるほか、三浦浩一、眞島秀和、塚本高史ら、本作監督の、劇団チキンハート演出の大山晃一郎と親交のある豪華な俳優陣が脇を固める。

著名人より応援コメントが届いた。

<峰竜太(タレント)>
私の故郷が舞台で、私の大親友、金田明夫氏と渡辺いっけい氏の熱演、私が出演していないのは何故? 峰竜太

<斎藤工(俳優)>
未だに咀嚼しきれていないが日韓の映画偏差値の差が露呈した昨今にもの凄い可能性を秘めた邦画が誕生したかも知れない。
この作品で描かれている様に、今もこの国の何処かの小さな半径(地域)による大きく伝統的な抑圧や軋轢が、進行形で行われているのではないだろうかと思わされた(おそらく行われている)。
TVでは表現出来ないタブーやコンプライアンスを映画と言う表現で描く自由度が失われつつある中大山晃一郎監督は、この骨太かつ繊細な題材を握りしめてど真ん中に豪速球を投げ入れた。
主演の渡辺いっけいさんや遠山雄さんをはじめキャスティング。遠山郷の美しさや飯田弁も不気味にハマりまくっていてる。
観ちゃいけない(観たい)真実がそこにあった気がした、現代邦画の本来の武器・長所が詰まった傑作!劇場で受け止めるべし。

(c)映画「いつくしみふかき」製作委員会

<笠井信輔(フリーアナウンサー)>
物語にぐいっと引っ張り込まれる力ある作品だった。地方の村のドロドロとした差別感情が全編を通じて緊張感を生み、渡辺と遠山の芝居から目が離せない。特に渡辺いっけいの人間性を疑うような芝居は出色であり、「復讐するは我にあり」の緒形拳と重ねてしまうほどであった。

<内田慈(女優)>
大山監督その人みたいなタイトルだと思う。出逢った時からナゾだった。とんでもなくスタッフ・演者を愛しそして愛され、作品・登場人物達へとことん寄り添うそのあたたかさはどこから来るのか。答えはこの映画の中にあった。人間をまるごと受け入れて、人間のかわいさに焦点を当ててくれる巨大な”人間愛”が、そこにあった。遠山雄さんのむき出し感が秀逸。長編映画初監督作品、数々の受賞そして劇場公開おめでとうございます!

<前野朋哉(俳優・監督)>
大山監督とは大学の同級生。
自主映画で周りの監督たちがデビューしていく中、助監督を経て、着実にキャリアを積み、この度長編映画監督デビューを果たす!
その経験と人柄はキャスティングに、スタッフィングに如実に表れていると思います。これだけのゴリゴリ骨太ヘビー級映画をどうもありがとうございます!おかげで興奮や嫉妬や何やらで、感情はグラグラに揺さぶられました。

<黒沢あすか(女優)>
人は何かと血のせいにする。その方が膨れ上がる負の感情に理由づけしやすいのかもしれない。村人一丸となって迫る姿は狂気の沙汰。進一の深部には父親と入ったお風呂の記憶が。血で片付けられない進一の運命が動き出します。

<金井勇太(俳優)>
いつくしみふかき、めっちゃ強い映画でした!
テンポも良くグイグイ観せるしなによりいっけいさんのあの不思議な虚構性を帯びた感じが今回もキレッキレ!もともと甲斐性の無い男の話は好まないがこれは力作!!役者陣もほんとに隙無し。

<岩田和明(『映画秘宝』編集長)>
どだい自主制作映画とは信じ難い、鬼気迫るモブシーンのスケール感とド迫力に、ド肝を抜かれた! 底知れぬメジャー感を内に秘めた大山晃一郎監督に、今すぐ日本映画界は大作映画を撮らせろ!!

<松崎まこと(映画活動家/放送作家)>
「いい役者」だとは知っていた。でもそれは間違いだった。渡辺いっけいは、「凄い役者」だったんだ!それを知らしめたのは、大山晃一郎監督はじめ「まだこれから」のスタッフたち。彼らに応えた渡辺の、ある時はユーモラス、ある時は恐ろしい、変幻自在の怪演!快演︎更には彼に引っ張られ、プロデューサーを兼ねた遠山雄や榎本桜といった、「まだこれから」の俳優陣も、最大限にポテンシャルを発揮する。2020年春『いつくしみふかき』を観ねば、最新の“インディーズ”シーンは語れない。ここから何かが、始まるのだ︎。

<外薗昌也 (漫画家)>
遠山雄さんの舞台が大好きでよく見に行ってた
それが映画を作るというので大変驚いた
完成した作品は初めてとは思えない高い完成度で更に驚いた
怖いし笑えるし泣けるし、なんて贅沢な映画だ
何かもってるよなー、遠山さん

【STORY】 
30年前。母・加代子(平栗あつみ)が進一(遠山雄)を出産中に、あろうことか母の実家に盗みに入った父・広志(渡辺いっけい)。「最初から騙すつもりだったんだろ?」と銃を構える叔父を、牧師・源一郎(金田明夫)が止め、父・広志は”悪魔”として村から追い出される。進一は、自分が母が知らないものを持っているだけで、母が「取ったのか?この悪い血が!」と狂うのを見て、父親は”触れてはいけない存在”として育つ。
30年後、進一は、自分を甘やかす母親が見つけてくる仕事も続かない、一人では何もできない男になっていた。その頃父・広志は、舎弟を連れて、人を騙してはお金を巻き上げていた。

ある日、村で連続空き巣事件が発生し、進一は母を始めとする村人たちに、「悪魔の子である進一の犯行にちがいない。警察に突き出す前に出ていけ」と言われ、牧師のいる離れた教会に駆け込む。「そっちに行く」という母親に「来たら進一は変わらない」と諭す牧師。
一方、父・広志は、また事件を起こし、「俺にかっこつけさせてください」という舎弟・浩二 (榎本桜)に、「待っているからな」と言っても、実際には会いに行かない相変わらずの男で、ある日、牧師に金を借りに来る。「しばらくうちに来たらどうだ?」と提案する牧師。牧師は進一のことを「金持ちの息子」だと嘘を吹き込み、進一と広志は、お互い実の親子だとは知らないまま、二人の共同生活が始まる。

公式サイト:www.itukusimifukaki.com 公式Twitter:itukusimifukaki 公式facebook:itukusimifukaki

(c)映画「いつくしみふかき」製作委員会


2020/07/04 12:02

この記事が気に入ったら


エンターテインメントはエネルギー。芸能界とファンを応援する芸能情報サイト。

関連記事

最新記事


アクセスランキング