wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
奥野 壮 ヒーローから刑務所へ! 映画「灰色の壁~歯車~」主演決定!

仮面ライダーシリーズ平成最後の作品「仮面ライダージオウ」では主演を務め、ドラマ「ピーナッツバターサンドウィッチ」(MBS)、映画「私がモテてどうすんだ」(2020年7月10日公開)など、数々の作品に出演している俳優の奥野壮(男劇団 青山表参道X,19歳)が2021年春に全国公開予定の映画「灰色の壁~歯車~」に主演することが決定した。

今作品の舞台は、平成初期東京郊外の埼玉。 バブル崩壊暴力団対策法直後、最後の縄張りを死守する暴力団と、自由に街を牛耳る若者たちがいた。 若者の抗争は日に日にエスカレートしヤクザを凌ぐ勢力と化し、暴走する者は次々と少年刑務所に送り込まれ、そこには排他的なルールが待ち構えていた。

実話を基に、壁の中と壁の外で繰り広げられる義理と人情と裏切りが渦巻くヒューマンドラマ。

主演の奥野は今回、暴走族のOBでとあるきっかけから少年刑務所に送り込まれてしまう吉田正樹を演じる。今作では今までの好青年のイメージとは打って変わってリーゼント姿と実際に散髪した坊主姿を披露している。

<本人コメント>
「この作品のお話を最初にいただいた時、是非やってみたい!と強く思いました。実話に基づいた作品というのは経験が無かったし、元々こういう1人の人間の歴史のようなものを演じてみたかったので願っても無いチャンスだと思いました。
また、お芝居の中で坊主になるというのは光栄なことで、今回こうして作品を通して自分のやってみたいことができているというのは幸せなことだと思います。坊主になってから頭が芝生みたいに気持ちが良くて1日5回は頭を撫でています笑。
今は気がつくと、別の取材でうまく笑えなくなっている程、無意識に役に入り込んでいます。僕が演じるこの作品の主人公の繊細な心情の変化を丁寧に表現出来たらと思っています。
ご本人とも当時どんなことを感じていたか、摺り合わせさせていただき、監督とも意見交換をしながら真摯に役に向き合えているので、今から公開が楽しみですし、皆さんにも是非、この髪型の変化だけでなく、作品のメッセージをしっかりと届けられたら嬉しいです。」

〇作品概要〇
タイトル 「灰色の壁~歯車~」
監督 安藤光造
公開時期 2021年春全国公開予定
*提供画像


2020/07/09 09:19

この記事が気に入ったら


エンターテインメントはエネルギー。芸能界とファンを応援する芸能情報サイト。

関連記事

最新記事


アクセスランキング