wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
「SHINee」テミン、パフォーマンスだけ? ボーカルも“特級エース”


歌唱力もパフォーマンスの実力に劣りません。 感性的な新曲で特級エースの面をもう一度証明した「SHINee」テミンのことです。

テミンは8月4日午後6時、音楽配信サイトを通じてプロローグシングル「2 KIDS」を公開しました。 新曲発表は、昨年2月にリリースしたセカンドミニアルバム「WANT」以後、1年6カ月ぶりです。

「2 KIDS」は今後リリースされる3rdフルアルバム「Never Gonna Dance Again」の火ぶたを切るトラックです。 テミンはシングルだけで終わらず、今後連結性のある2枚のアルバム「Act 1、「Act 2」をリリースして、映画のような叙事を完成する計画です。

「Never Gonna Dance Again」は、その間しっかりと構築してきた音楽的アイデンティティはそのままに、歌手としての新しい自我を探そうとするテミンの苦悩、挑戦の跡がそっくり溶け込んでいるアルバム。 その最初のページを飾った「2 KIDS」は、あたたかいギターサウンドが際立ったエレクトロポップジャンルに、テミン特有の繊細なボーカルが加わったナンバーです。

チョ・ユンギョンと共に共同作詞に名前を挙げたテミンは、自身が体験した成長痛を隠喩的に表現しました。 成長過程で感じた苦痛を直観的に表わすより、慣れない愛と別れに対し遠回しに語って解くことによって、より多くの人々が共感することができるようにしました。

注目するほどの大きな部分は、テミンのボーカルだ。 「怪盗(Danger)」、「Press Your Number」、「MOVE」、「WANT」などの既存のソロアルバムのタイトル曲に比べて、パフォーマンスを明確に減らして、声に集中することによってリスナーもボーカルに全て集中することができるようにしたこと。 おかげで「2 KIDS」という曲の中で、パーフォーマーテミンの存在感は多少弱くなったが、聞く人にはボーカルテミンの真価を再確認できる機会になりました。

テミンの声はK-POPファンたちの間で、信じて聞くほどの魅力的なボーカルと言われています。 数年間のレッスン生生活を経て16歳だった2008年に「SHINee」の末っ子でありメインダンサーとしてデビューしたテミンは、「お姉さんはとても綺麗(Replay)」、「Juliette」、「Ring Ding Dong」、「Dream Girl」、「Everybody」、「View」など、発表する曲ごとに韓国内外の音楽チャート1位を席巻しました。

デビュー当初は、他のメンバーに比べてパートが少なかったが、着実にボーカル練習を繰り返した末にグループのメインボーカルとして、ソロアーティストとして素晴らしいボーカルに成長しました。

多数のボーイズグループがチーム活動に留まったり、ソロ発表後、特別な反響を起こすことが出来なかった反面、テミンは2014年にファーストミニアルバム「ACE」を始め、ソロアルバムを着実にリリースしてソロアーティストとしても頭角を表わしました。 パフォーマンスの面で圧倒的な存在感を見せたため、ボーカルがダンスにさえぎられる時もあったが、彼の舞台を関心を持って見守るならば、ライブ実力がパフォーマンスに決して遅れをとらないという事実も明白に感じると思います。

特に音楽放送や授賞式で強力なダンスを言い訳にライブをしない場合が頻繁にある最近のK-POP界でテミンは、「SHINee」のメンバーたちとかたくなにライブ職人という修飾語を守ってきました。 CDや音源と違うところがなくてlip sync(口パク)だと思られたが、音響問題や歌詞間違い、MR(伴奏だけ録音された音源)除去を通じてすべてライブだったということが、今さらながら証明されたエピソードはK-POPファンたちの間で有名です。

その他に、ファンたちからリード曲に劣らない収録曲に選ばれる「SHINee」の「Aside」、「再演(An Encore)」、「君と僕の距離(Selene 6.23)」、「透明の傘(Don't Let Me Go)」、そしてテミンのソロ曲「Soldier」、「催眠(Hypnosis)」、「Never Forever」、「Truth」など、穏やかなテンポの曲でもボーカルテミンだけの強みが目立っています。

最近、K-POPシーンは男性ソロアーティスト飢饉という話が出るほど、長期間活躍した男性ソロアーティストが少ない状況。 そんな中、既存に積み上げてきたイメージや業績に安住しないで、新しいコンセプトに挑戦したりパフォーマンスを減らして作詞に参加するなど、新しい試みを拒まないデビュー13年目のテミンの歩みは、それ自体だけでも価値があります。












2020/08/05 17:03

この記事が気に入ったら


韓国に住んでいます


「SHINee」の関連情報

最新記事


アクセスランキング