wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
俳優パク・ソジュンのファンカフェ、デビュー9周年記念し視聴覚障害者に寄付...善良な影響力ing


ミルアル福祉財団は、俳優パク・ソジュンのファンカフェ“PARK's office”が、パク・ソジュンのデビュー9周年をむかえて公式デビュー日である8月12日に345万60ウォンを寄付したと明らかにしました。

寄付金はミルアル福祉財団を通じて低所得家庭の視聴覚障害者のために使われる予定です。 ミルアル福祉財団は、4月に韓国で最初の視聴覚障害者支援センターである“ヘレン・ケラーセンター”を設立した団体で、視覚と聴覚の重複障害で困難を経験する視聴覚障害者のために立法運動と認識改善キャンペーンなど、視聴覚障害者権利増進のための多様な活動を広げています。

“PARK’s office”は視聴覚障害者が経験している困難に関心を持って、パク・ソジュンの特別な記念日ごとに着実に善行を行ってきました。 5月には、ドラマ「梨泰院クラス」の製作発表会に使われた米花輪300kgを寄付したし、昨年12月16日のパク・ソジュンの誕生日にも寄付金を伝達したことがあります。

“PARK’s office”の寄付は俳優パク・ソジュンが伝えた“善良な影響力”が基となっています。 以前から着実に分かち合いを実践してきたパク・ソジュンは、2月にコロナ克服のために巨額の寄付をしたのに続き、今回の豪雨で被害を受けた水害被災者のためにも1億ウォンを寄付したと分かりました。

“PARK’s office”の関係者は「パク・ソジュン俳優のデビュー9周年を特別に記念しようと会員たちが寄付を集めて寄付をすることになった」とし、「助けが必要な方々によく伝えられることができることを希望する」と、明らかにしました。

ミルアル福祉財団のチョン・ヒョンソク常任代表は「視聴覚障害者に向かった継続した関心と分かち合いを見せてくださった”PARK’s office”に感謝を申し上げます」とし、「送ってくださった寄付金は、ファンの方々の意向により、助けが必要な視聴覚障害者家庭によく伝達します」と、伝えました。

一方、パク・ソジュンの公式ファンカフェ“PARK’s office”が寄付金を伝達したミルアル福祉財団は、1993年“障害者の完全な社会統合”を目標に設立された障害者福祉専門機関で、障害児童医療費支援事業をはじめ、障害者特殊学校、障害者職業リハビリ施設、障害者共同生活施設など障害者の生涯周期別のオーダーメード型の福祉事業を運営しています。

韓国49カ所の運営施設を通じて障害者だけでなく老人と児童、地域社会のための多様な福祉事業を実施していて、海外14カ国でも児童保育、保健医療、緊急救護など国際開発協力事業を遂行しています。

2020/08/12 10:22

この記事が気に入ったら


韓国に住んでいます


「パク・ソジュン」の関連情報

最新記事


アクセスランキング