wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
コン・ユ “ユン・ウネのおかげでチェ・ハンギョルになれた”...「再び二十歳 コーヒープリンス編」


俳優のコン・ユが、ドラマ「コーヒープリンス1号店」の思い出を回想しながら、相手役のユン・ウネに感謝の気持ちを伝えました。

24日放送されたMBCのドキュメンタリーフレックス「青春ドキュメンタリー再び二十歳 コーヒープリンス編」には、コン・ユ、ユン・ウネが「コーヒープリンス1号店」の名場面を再び見る姿が描かれました。 2人はサプライズの出会いに喜んで、ハンギョルとウンチャンの叙事を共に鑑賞しました。

コン・ユとユン・ウネは、実際に撮影が行われたカフェで会いました。 コン・ユは「実は思い出だけで残したかったので、初めはオファーを断った。 歪曲されずにその記憶をそのままにしておきたかった。 気持ちが妙で初恋の人に会った感じだ」と、話しました。

ユン・ウネも恥ずかしいと話しました。 ユン・ウネは「これを一緒に見るなんて、おもしろいけどとても恥ずかしい」と、話しました。

コン・ユは「まるでウンチャンとハンギョルが結婚して、10年後にアルバムを一緒に見る感じだ。 どこかから『ママ!』と子供が駆けよって来そうだ。 皆ドラマを見て、ハンギョルとウンチャンがどこかで元気に暮らしているだろうと考えたんじゃないか」と、話しました。

また、コン・ユは「僕が入隊前にこの作品を選んだ時、ラブコメに対する拒否感があって悩んだ。 初めての思春期だったし、周辺の視線もあった。 僕は僕の演技をよく見せたかった。 僕がハンギョルになれたのは、すべてユン・ウネさんのおかげ」と、言いました。

引き続き「ユン・ウネの演技への情熱は、僕を恥ずかしくした。 気分がすっきりしたし、僕を成長させてくれた。 それで一緒に上手くやることができた」と、付け加えました。

ユン・ウネも「私も走らなければならない瞬間だった。 『宮 -Love in Palace-』での自分の演技にとても失望した。 変わらなければならないという負担感があったし、機会が今だけだと考えた」と、打ち明けました。

最後にコン・ユは、「死んでいた僕の情熱を引き出してくれた作品で、熱かった青春の記録だ。 忘れることのできない意味深い思い出だ」と、話しました。

2020/09/25 14:59

この記事が気に入ったら


韓国に住んでいます


「コン・ユ」の関連情報



最新記事
アクセスランキング