wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
【超話題新作映画】コン・ユ×パク・ボゴム豪華W主演映画『徐福』いよいよ情報解禁!

いよいよ情報が解禁です コン・ユ、パク・ボゴムという豪華キャスト共演の映画『徐福』。 キャストが決まったという話は以前お伝えしましたがなんと公開日も決定! 今日は詳細をお伝えしたいと思います

豪華2大キャスト共演 映画『徐福(ソボク)』

いよいよ情報解禁になりました!映画『徐福』。
コン・ユ、パク・ボゴム2大スターの共演とあってキャスティングの時点でエンタメ業界はざわついておりました。
いよいよポスター、トレーラーが公開されました!

http://ekr.chosunonline.com/site/data/img_dir/2020/10/21/2020102180093_0.jpg

はい、ドーン!こちらがそのポスター

右側のコン・ユのポスターには”今を生きる” ”人生最後の任務”
左側のパク・ボゴムのポスターには”永遠を生きる” ”死なない存在”

なにやらポスターの時点でいろいろ含んでいる感が満点です!

そうです。ここに記されている通り、2020年12月に公開が決定となりました!
パク・ボゴムの入隊前の最後となる映画作品の一つ(現在 海軍入隊中 2022年4月除隊予定)でもあり、
コン・ユと初共演という作品のストーリーに加えて注目ポイント盛りだくさんの作品です。

気になるストーリーは?!

メガホンを取ったのは、2012年に映画『建築学概論』を大ヒットさせたイ・ヨンジュ監督。そして初共演の
豪華キャストは初共演のコン・ユとパク・ボゴム。
人類初のクローン人間“徐福”を極秘のうちに移送する最後の任務を引き受けた前職国家情報院要員のキホン(コン・ユ)が、徐福(パク・ボゴム)を手に入れるために乗り出すいくつかの勢力の追跡の中で予期せぬ状況に巻き込まれるストーリーを描いているんですって。
ポスターの”今を生きる””人生最後の任務”⇒人間のコン・ユ 
”永遠を生きる” ”死なない存在”⇒クローンのパク・ボゴム
この意味が何となく見えてきました。
クローンを移送する途中になにかとてつもなく大きなことが起こる( *´艸`)そういうことですね

https://sportsseoulweb.jp/files/user/20201023141926005.jpg?v=1603432256

ほかのキャストは?

ドラマ『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』の秘書役で知られるチョ・ウジン、ドラマ『サイコだけど大丈夫』で強烈な演技を披露したチャン・ヨンナムなど実力派俳優らが脇を固めています。ドラマの”おなじみさん”が期待をさらにあおります!
現在お名前に上がっているこのお二人だけでも存在感が強い!いろいろ含みが出まくりです。

チョ・ウジン

https://cdn.mottokorea.com/mottokorea/userfiles/2016/12/mottokorea_enter20161231000008.jpg

思い出しますね( *´艸`)ドラマ『トッケビ 君がくれた愛しい日々』の秘書役で端役ながら視聴者の目をくぎ付けにしていました。

チャン・ヨンナム

https://www.cinemacafe.net/imgs/zoom/485088.jpg

チャン・ヨンナムさん。この方の演技の目力がすごい!

トレーラー第一弾公開!

そうです。映画といえばポスターだけではありません。トレーラー(予告編)
第一弾がこちらも公開となりました

出演が決定した時点で公開されていたのは”ファンタジー作品”という情報でしたが、バッキバキのサスペンスやん!
国家秘密なのに?だからこそ?狙う人たちあまたってかんじですね!
そしてファンにはたまらない二人からのコメントも公開されています!

『こんにちは!
(パクボゴム)私たちが一緒に頑張って撮影した映画【徐福】が、いよいよ発表を控えています。
(コンユ) 久しぶりにスクリーンを通じて、皆さんにお会いできてとてもときめいてまた緊張もしますが皆さんの多くの期待と関心をお願いします!
それでは、すぐ!劇場で会いましょう~?。
約束!守らなかったら大変なことになりますよ~。』
ですって!あら大変!観に行かなきゃ( *´艸`)

気になる日本公開は?

いまのところまだ韓国での上映が2020年12月という情報しか出ておりませんが、この超話題キャストの共演作品が日本に上陸するのも時の問題でしょう!情報がわかり次第また改めて皆様にレポートしたいと思います!


2020/10/24 13:15

この記事が気に入ったら


韓国好きのココロを満たす情報サイト

関連記事



最新記事
アクセスランキング