wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
【話題!】日本ドラマをリメイクした韓国の人気学園ドラマ4選!

独特の中毒性がありハマってしまう韓国ドラマ。ストリーミング配信などでも続々と新作ドラマが日本にも流れてきますよね。そんな韓国ドラマには、日本で一世風靡したドラマのリメイク版がたくさんあるのをご存知ですか?この記事では、日本で作られたドラマをリメイクして、面白いと定評のある学園ドラマを紹介します!

『花より男子〜Boys over Flowers〜』(2009)

花より男子〜Boys over Flowers〜

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51xeUjDMPKL._AC_SX342_.jpg

出典元:Amazon

あらすじ

庶民生まれのジャンディは、両親と弟と4人で貧乏ながら仲良く暮らしていました。しかし、ひょんなことから韓国で超お金持ちが勢ぞろいする神話学園へ転入することになり、目立たないようひっそりと学校生活を終えると心に決めます。

しかし、F4と呼ばれるとびきり金持ちで学校を牛耳る4人組のひとりジュンピョが、ターゲットを決めては学校全体でいじめをする遊びをしているところを目撃します。
正義感の強いジャンディが、いじめの仲裁に入るとターゲットにされ、学校全体を敵に回してしまいます。

そんな時に、助けの手を差し伸べたのが、F4メンバーでもあるジフで、ジャンディは、ジフのことを好きになってしまいます。一方で、ジュンピョは、いじめのターゲットにしても動じないジャンディの強さに惹かれゆき、恋愛感情が交差してゆきます。

主要キャスト

クム・ジャンディ役 (牧野つくし):ク・ヘソン
ク・ジュンピョ役(道明寺司):イ・ミンホ
ユン・ジフ役(花沢類):キム・ヒョンジュン
ソ・イジョン役(西門総二郎):キム・ボム
ソン・ウビン役(美作あきら):キム・ジュン

原作情報とおすすめポイント

1992年から2004年まで少女漫画「マーガレット」で連載され、2005年に日本で松本潤、井上真央を主演に実写版のドラマが放送されました。

日本版よりもエピソード数が長いこともあり、韓国版オリジナルのキャラクターが登場したり、日本版ではあまり焦点が当てられないF4のイジョン、ウビンの恋愛模様が描かれています。

『花ざかりの君たちへFor You in Full Blossom』(2012)

花ざかりの君たちへFor You in Full Blossom

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71rQHOXKciL._AC_SY445_.jpg

出典元:Amazon

あらすじ

ク・ジェヒは、家族と住むアメリカで交通事故に遭い、何もやる気を見出せない日々を送ります。そんな彼女を前向きな気持ちにしたのが、陸上世界大会の高飛びで韓国代表として試合に出場しているカン・テジュンでした。

彼女が前向きに人生を歩み始め、怪我が回復した頃、カン・テジュンが怪我をし、高跳びができなくなったニュースを知ります。

ジェヒは、次は自分がテジュンを前向きにする番だと意気込みます。長い髪をバッサリと切り、勢いでテジュンが生活する韓国の全寮制男子高校へ転入してしまいます。

そして、スポーツ系、文化系、と個性が渋滞する男子たちに囲まれた女ひとりの波乱な学校生活が幕を開けます。

主要キャスト

ク・ジェヒ役(芦屋瑞稀):ソルリ
カン・テジュン役(佐野泉):ミンホ
チャ・ウンギョル役(中津秀一):イ・ヒョヌ
ソル・ハンナ役(山科理香):キム・ジウォン
ソン・ジョンミン役(中央千里):ファン・グァンヒ

原作情報とおすすめポイント

1996年から2004年まで少女漫画「花とゆめとコミックス」で連載され、2007年に堀北真希、小栗旬を主演に実写版のドラマが放送されました。その後、2011年に前田敦子、中村蒼主演でリメイクされています。

日本版では、その時代ごとに旬な俳優たちがキャスティングされていましたよね。韓国版では、大人気のK-POPグループからキャスティングされているんです。F(x)、SHINee、ZE:Aなど、K-POPが好きな人は絶対知ってる人たちがたくさん登場しますよ。

『明日もカンタービレ』

明日もカンタービレ

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/A1FP5A3DJlL._AC_SL1500_.jpg

出典元:Amazon

あらすじ

天才的な才能を持つチャ・ユジンは、世界的指揮者になることを夢にみています。しかし、幼少期のトラウマから飛行機に乗ることができず、韓国国内の音楽大学でキャンパスライフを送ります。

そんなある日、ユジンが大学内を歩いていると、どこからか不思議なテンポのピアノソナタが聞こえてました。その音を辿ると、その先にいたのは、ピアノ科のソル・ネイルでした。

彼女の奏でる音楽は、クラシックとしては正統性にかけるものの純粋にピアノを楽しんでいる様子に心洗われ、彼女との出会いがユジンのくすんだキャンパスライフを明るいものに変えていきます。

主要キャスト

チャ・ユジン役(千秋真一):チェウォン
ソル・ネイル役(野田恵):シム・ウンギョン
イ・ユヌ役:パク・ボゴム
ユ・イルラク役(峰龍太郎):コ・ギョンピ
チェ・ミニ(佐久桜):ドヒ

原作情報とおすすめポイント

この作品の原作は『のだめカンタービレ』。
2001年から2010年まで少女漫画「Kiss」で連載され、2006年に上野樹里、玉木宏を主演に実写版のドラマが放送されました。

日本版では、度肝を抜くようなコミカルなシーンが連発し、のだめのキャラクターが強烈なのが印象的ですよね。

韓国版では、千秋のストーリーがしっかりと描かれており、日本版にはいない、千秋の恋のライバル、音楽のライバルという存在があり、恋と音楽の戦いが一層激しく火花散らしているのを楽しむことができます。

『イタズラなKiss〜Playful Kiss〜』(2010)

イタズラなKiss〜Playful Kiss〜

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51Fz8IiZusL._AC_SX342_.jpg

出典元:Amazon

あらすじ

ハニは、同じ学校の進学クラスにいるスンジョに一目惚れをします。勇気を振り絞ってラブレターを渡すものの、その場で開封され、声に出して誤字を指摘されて、みんなの前で恥をかいてしまうことになります。

人格に問題あり!と恋心が冷めたある日、ハニの家が地震で崩壊してしまい、父と二人、ホームレス状態に。居候をすることになったのは、父の知り合いの家でした。

家に着くと、大豪邸に優しいおじさん、おばさん、とハニは大喜びします。喜びもつかの間、なんとそこに、あのスンジョが現れたのです...!

そこから、ハニとスンジョ、同じ屋根の下でのドキドキな同居生活が始まります。

主要キャスト

ペク・スンジョ役(入江直樹):キム・ヒョンジュン
オ・ハニ役(相原琴子):チョン・ソミン
ポン・ジュング役(池沢金之助):イ・テソン
チョン・ジュリ役:ホン・ユナ
トッコ・ミナ役:ユン・スンア

原作情報とおすすめポイント

原作は『イタズラなKiss』。
1990年から1999年まで少女漫画「マーガレットコミックス」で連載され、1996年に根本実樹、森田光則を主演に実写版のドラマが放送されました。その後、2013年に未来穂香、古川雄輝主演でリメイクされています。

全16話と韓国ドラマにしては見やすいエピソード数のため、韓国ドラマは見たいけど、長いから...と敬遠している人にはもってこいです。

日本版よりも二人の恋愛を重視したストーリーとなっているため、とにかくハッピーで胸キュンな王道ラブストーリーに仕上がっています。

日本で大ヒットしたドラマを韓国バージョンで楽しめる!

韓国でリメイクされているドラマはどれも日本で大ヒットしたものばかり。

それぞれキャラクターが追加されていたり、日本版では描かれていない登場人物の恋模様が描かれていたり...と同じ作品で変化があるのは楽しいですね。

ぜひ、原作、日本版、韓国版それぞれの良さを見つけてみてください!


2020/12/02 18:00

この記事が気に入ったら


韓国好きのココロを満たす情報サイト

関連記事



最新記事
アクセスランキング