wowKoreaコリトピ
WoWKoreaトップコリトピ(みんなのブログやニュース)
チャン・グンソク ドラマ「テバク」最終回を迎え「俳優をしている理由を探すことができた」と思いを伝える


韓国SBS時代劇ドラマ「テバク(大当たり)」が最終回を迎え、主演のチャン・グンソクが現在の思いを伝え、その言葉が視聴者たちの関心を集めています。
チャン・グンソクは所属事務所を通し、「この作品を通して、私は何故、俳優をしなければならないのか、俳優をしているのかに対し、理由を探すことができた」と伝えました。続けて、「現場では、若い俳優たちだけでなく、尊敬する先輩俳優の方々から多くの指導を頂き、また一緒に楽しく作り上げていくことができ、幸せだった」とし、「今までドラマ“テバク”を見守ってくださった多くの方々に感謝したい」と思いを伝えました。
韓国SBS時代劇ドラマ「テバク(大当たり)」は、第24話を最後に終了しました。最終回では、チャン・グァンリョル演じるイ・インジャが処刑され、チャン・グンソク演じるテギルは、ヨ・ジング演じる英祖の元を離れ、普通の民の1人に戻りました。キム・ガウン演じるソリムと結婚したテギルは、広い丘の上に立ち、英祖と共に風を受けるというエンディングに余韻を残した最終回でした。


2016/06/21 10:36

この記事が気に入ったら




最新記事




アクセスランキング