wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
横浜流星 新TVCM、ラーメンを美しく頬張り渾身の「うまい!」に注目

マルハニチロが、俳優の横浜流星を起用した、「新中華街(R)」シリーズ「横浜あんかけラーメン(R)」の新TV-CM「こだわりが、見えてきた」篇を10月21日からオンエアをスタートする。

前回の赤と黒の世界観を演じ分けた「五目シュウマイ 香りと旨み」、「WILDish(ワイルディッシュ)」シリーズのCMに続き、今回の新TV-CMも人気俳優 横浜流星を起用し、「横浜あんかけラーメン」のおいしさを余すことなく表現してもらっている。
華やかな琥珀色を背景に、優し気な眼差しを絶やさず、それでいて凛とした佇まいで「横浜あんかけラーメン」のおいしさを真摯に伝える横浜。とろみがかった野菜たっぷりの餡に細麺が絡みつくその映像は、見ているだけで食べたくなるような“おいしいCM”に仕上がっている。極めつけは、「横浜あんかけラーメン」をあまりに“美しく”頬張るその仕草からの、笑顔に満ちた渾身の「うまい!」。思わずあんな風に食べてみたい!と真似したくなってしまうような、横浜の表情に注目だ。

また、今回のCMが“こだわり”の商品ということで、横浜のここだけは譲れない“こだわり”を尋ねた質問に、意外な回答を語る撮影後の横浜のインタビューも公開。
さらにCM楽曲には、今回もVaundyの「世界の秘密」を起用し、本CMをスタイリッシュに盛り上げている。

またマルハニチロ公式LINEアカウントから応募すると、1,000円分のデジタルギフトが当たる「レシートを撮ってLINEで簡単応募! 選べるデジタルギフト キャンペーン」も実施されている。

■TV-CM 「新中華街(R)」シリーズ「横浜あんかけラーメン(R)」:「こだわりが、見えてきた」篇(15秒)
・オンエア開始/エリア:2021年10月21日(木)/全国 ※一部地域をのぞく
https://youtu.be/5iLOJtvk_5M

■メイキングムービー

撮影では、今回のCMの背景と同系色のスーツに身を包み、颯爽とスタジオに登場した横浜は、早速念入りに監督と打合せを始める。撮影後のインタビューでも「楽しみながら撮影できました」とコメントするように、前回と同じチームだったこともあり、監督とも息の合った呼吸で順調に進み、なんと順調過ぎて予定より2時間も早く終了するほどスムーズな現場となった。

■インタビュー映像

●撮影を終えての感想を教えて下さい。
楽しかったです。(前回と)チームも一緒で、監督がとてもチャーミングで素敵な方なので楽しみながら撮影できました。

―前回と同様、合間合間に笑いが?
はい、止まらなかったです。でも自分のモチベーションというか、気持ちを上げてくれる方で、すごく素敵な方だなと今日また改めて感じました。

―楽しい内にあっという間に終わってしまった感じですね。
そうですね、あっという間に終わってしまいました。

●秋といえば「食欲の秋」や「読書の秋」など色々ありますが、横浜さんにとってこの秋はどんな「〇〇の秋」にしたいですか?
全部です。食欲もスポーツも読書も、全部堪能したいです。

―秋の醍醐味全部いきますか?
全部いきます!全部いきたいですね。

●今回マルハニチロさん“こだわり”の商品ということで、横浜さんがここだけは譲れないと思う“こだわり”がありましたら教えていただけますか?
こだわりめちゃくちゃあるんですけど、まずは、僕朝がめちゃくちゃ弱くて。もう周りに「どうした?」と言われるくらい弱いんですよ。
そんな自分を克服したいなと思うんですけど、だからこそちょっとでも機能できるようにカフェインを必ず取ることです。

―目覚めて起き抜けにまずカフェインを?
はい、そうですね。
あとは、“変わらないこと”ですかね。

―それは自分の「スタイル」でしょうか?
難しいですけど、環境とか身の回りのことが変わると自分の心まで変わってしまう人も多いと思うんですけど、そうじゃなく、自分の信念を曲げずに、変わらなきゃいけないところは変わりつつ、でも自分の根っこにある部分は絶対変わりたくないので、“変わらないこと”っていうのはこだわっているというか、意識してます。ちょっと危ないなと思ったときに、地元の子とか会ったりとかして、「あ、大丈夫だ」っていう確認とかもしたりします。

―先ほどの“継続”の言葉とともに、すごく今日はありがたいお話をしていただいて…
いえいえ!

―ありがとうございました。
ありがとうございました。


2021/10/20 04:00

この記事が気に入ったら


エンターテインメントはエネルギー。芸能界とファンを応援する芸能情報サイト。

関連記事



最新記事
アクセスランキング