「TEEN TOP」史上、もっとも“TEEN TOPらしい”アルバムでカムバック!