wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
TBSのドラマ『俺の家の話』がギャラクシー賞3月度月間賞を受賞!

TBSで放送した金曜ドラマ『俺の家の話』(2021年1月~3月放送)が、「ギャラクシー賞3月度月間賞」を受賞したことが発表された。

【選評は以下の通り】
介護という現代的問題を正面から取り上げながら、完成度の高い王道のホームドラマに仕上げた脚本家・宮藤官九郎の手腕をまず高く評価したい。そしてその物語を支える俳優の演技もみな素晴らしく、惹きつけられた。特に能とプロレス、静と動という合わせ鏡のような関係にある父子を演じた西田敏行と長瀬智也には拍手を送りたい。
介護が大きなテーマゆえ、最終回は老親を看取るか介護が続いていくかで終わると思いきや、まさかの主人公が逆縁で「俺のいない《俺の家の話》」に着地。寿一は観山家において、これからの長瀬智也と同じように「裏方にまわって」家族を見守る道を選んだようにも見えた。宮藤官九郎と制作者たちの思いが、長瀬を送る見事な作品に結実。

<チーフプロデューサー・磯山晶コメント>
「能」「プロレス」「介護」、どれを取ってもハードルが高く、勉強を始めた当初は宮藤官九郎さんも私も「本当にこれをきちんとドラマに出来るの?か!」と自問自答の日々でした。さらに二度目の緊急事態宣言、そんな中でも観客が必要なシーンの連続・・・正直、「無事に最後まで放送できますように」ばかりを考えていました。
それでも宮藤さんの脚本が毎話とにかく素晴らしく、どんなにピンチの時もモチベーションを上げてくれました。そして監督を中心に、自己ベストを超えてくれたスタッフの熱意と、能の謡、舞、さらにプロレスの技までこなした上に、唯一無二のキャラクターを創ってくれた長瀬智也さん、マイウエイの歌唱、お風呂での裸体、認知症に怯える老人の素顔まですべてを惜しみなく出してくれた西田敏行さんをはじめとするキャストの皆さんの熱演に支えられて、良い作品が出来た! と思っております。
このドラマを見て、押し付けがましくなく「家族を大切にしよう」と感じてもらえるといいなと思って作りました。必死だった分、このような素晴らしい賞をいただけたことがとてもうれしいです。このドラマに関わったすべての方々に感謝します! ありがとうございました。

*画像イメージ


2021/04/20 12:26

この記事が気に入ったら


エンターテインメントはエネルギー。芸能界とファンを応援する芸能情報サイト。

関連記事



最新記事
アクセスランキング