wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
福士蒼汰 朗読劇初参戦の心境を語る「挑戦してみたい気持ちが強くて!」

4月13日(火)より東京・よみうり大手町ホールで上演中の「坂元裕二 朗読劇2021」。この春スタートしたドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」、映画「花束みたいな恋をした」などのヒットで知られる脚本家の坂元裕二が作・演出を手掛け、高橋一生×酒井若菜、千葉雄大×芳根京子、林遣都×有村架純、風間俊介×松岡茉優、福士蒼汰×小芝風花、仲野太賀×土屋太鳳の6組が読み手となることも話題の本公演の4月22日(木)の東京公演と、4月30日(金)~5月2日(日)の大阪公演に出演する福士蒼汰を招いて、合同取材会を行った。

参加が決まったときは「嬉しかった」という福士だが、「朗読劇が初めてなので、どんな感じになるのか、僕にできるのか」という不安もありつつ、「挑戦してみたい気持ちが強くて。是非やりたい」とオファーを快諾。あとわずかとなった本番に向けて、「緊張もするし、どうなるかわからない」と話しながらも、「稽古1日を通して楽しみになってきました」といまの心境を語る。

共演する小芝風花は、「凄くナチュラルではつらつとした方。彼女の持つ声質は本当にきれいで、一緒に心地よくお芝居ができる人」、作・演出の坂元については、「厳しい方かなと思っていたんですが、フラットでナチュラルな印象を受けました。一緒に居て相談をしやすい環境を作ってくださる方です」と、それぞれの印象を語った福士。今回上演する「忘れえぬ 忘れえぬ」「不帰の初恋、海老名 SA」「カラシニコフ不倫海峡」では、境遇も年齢も異なる3人の男性をそれぞれで演じるが、「人間の本質を描いたような作品なので、捉え方が色々ある。捉え方が人によって違うであろう作品を、この瞬間に朗読劇としてできることが嬉しいという感覚が大きいです」と意気込んだ。

エンターテインメント・シーンにとって、厳しい日々が続くが、舞台を楽しみにしている方々に向け、「本当にありがたいなと思います。朗読劇や舞台をやってほしいという声があって、実際にやることができて、ありがたいです」と感謝の気持ちを述べた福士。小芝風花とのタッグで、個性豊かな3作の朗読劇をどのように展開するのか、期待が高まる。

【公演情報】
公演名 坂元裕二 朗読劇 2021「忘れえぬ 忘れえぬ」、「初恋」と「不倫」
出演 高橋一生×酒井若菜、千葉雄大×芳根京子、林遣都×有村架純、風間俊介×松岡茉優、福士蒼汰×小芝風花、仲野太賀×土屋太鳳
(出演日順)

撮影:福岡諒祠(GEKKO)


2021/04/20 17:10

この記事が気に入ったら


エンターテインメントはエネルギー。芸能界とファンを応援する芸能情報サイト。

関連記事



最新記事
アクセスランキング