wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
待望のソロデビューを果たした「WINNER」YOON(カン・スンユン)のグラビア&インタビュー


ソロフルアルバム「PAGE」を公開した「WINNER」のYOON(カン・スンユン)と、「Esquire KOREA」が会ってグラビア&インタビューを進めました。

グラビア撮影は、歌だけでなくダンス、ファッション、写真、作曲など多様な分野に関心を傾ける彼の多彩な魅力を見せるためにカラフルな照明を利用したそうです。 普段から明るくて笑顔の多い姿と違い、カリスマあふれる魅力をめいっぱい発散しました。 この日の撮影に対してYOONは、「とてもおもしろく撮影しました。 公演装備ボックスを利用したのも新しかったです」と、所感を語りました。

3月に公開されたアルバムに対して紹介してほしいという問いに対しては、「僕自身を表現しようとたくさん努力しました。 歌詞一言一言に真心をたっぷり入れましたし」と、答えました。 これを証明でもするようにタイトル曲「IYAH」は、共感を呼ぶ歌詞に訴える力が濃厚な声が加わって、聞く人の心を鳴らすという評価を受けています。

引き続き「タイトル曲の他にも良い曲が多いです。 フィーチャリングで参加してくれたアーティストも多様です。 必ず一度聞いてみてください」と、付け加えた。

音楽だけでなく演技活動も着実にしてきたYOONは、“人の匂い”がする作品に挑戦してみたいと、演技に対する意欲も表わした。 「刑務所のルールブック」に出演した当時、誰かがインターネットに「『刑務所のルールブック』に出てくるYOONに似た俳優は誰かですか?」という書き込みを見てうれしかったという彼は、今後も俳優としても多様な姿を見せたいと力説しました。

YOONは本人を“白”に比喩したが、その理由として「白は、色々な色のバランスを合わせる色だから」と説明しました。 また“末っ子リーダー”についても「以前は責任感やリーダーシップとはほど遠い性格だったが、重要な地位を引き受けることになって変わりました。 地位が人を作ったわけです」と、率直な心情を打ち明けた。 その他にもタイトル曲「IYAH」の2コーラスに登場する“弟(妹)”は誰を示すのか、曲のインスピレーションは主にどのように得るのかは、「Esquire KOREA」2021年5月号で確認することができます。

また、ファンたちがSNSコメントを通じて寄せた質問にYOONが直接答えた“コメントインタビュー”の映像もYouTubeチャネル“Esquire KOREA”で見ることができます。






2021/04/27 09:29

この記事が気に入ったら


韓国に住んでいます


「WINNER」の関連情報



最新記事
アクセスランキング