wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
パク・ボゴム、キャラクター“徐福”は並々ならぬ努力で誕生した…“与えられた状況で毎瞬間に最善を尽くす”


※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。



観客を魅了して好評興行中の映画「徐福(ソボク)」の主演俳優パク・ボゴムの書面インタビューが公開されました。



「徐福」は、人類初のクローン人間である徐福(パク・ボゴム)を極秘裏に移すという生涯最後の任務を引き受けることになった情報局要員のギホン(コン・ユ)が、徐福を狙う複数の勢力の追跡の中で特別な同行をしながら予期せぬ状況に巻き込まれるという物語を盛り込んだドラマです。
「徐福」を通じて今まで見たことのない演技変身で驚きを与えた俳優パク・ボゴム。「徐福」に出演を決意した理由などパク・ボゴムのインタビューが公開されました。


Q.映画「徐福」に出演を決めた理由は?
人間を人間らしくしてくれるものは何でしょうか。科学技術に生命倫理が必要な理由は何でしょうか。徐福は“人間”と“生”について考える時間を持たせてくれました。

Q.長編映画の初主演作品に出演した感想は?
イ・ヨンジュ監督や多くの先輩がたと共に作業することができたので、その方々を信じて作業に臨むことができました。作品を準備する時の心構えはいつも同じです。 私一人ではなく皆が一丸となって一緒に作っていく作業だと思うので、与えられた状況で毎瞬間に最善を尽くしました。

Q.「徐福」というキャラクターを演じるにあたって特に気を遣ったことは?
“徐福”というキャラクターを表現することは簡単ではありませんでした。あまりにも早く物心がついてしまった子供のように自分の“生”と“運命”について、常に悩んでいる人物だから、監督とたくさん対話しながらキャラクターをつくり出していきました 。イ・ヨンジュ監督が「徐福が幼く見えないで、毅然とした姿だったらいいと」と話してくださり、その部分をどう表現したらいいか悩んで研究しました。

Q.イ・ヨンジュ監督と作業した感想は?
監督が本当に愉快なかたで現場の雰囲気がいつも良かったです。私が考えられなかったキャラクターの方向や状況をもっと具体的に考えることができるように説明してくれながらも私の意見を聞いてくださいました。監督を通じてキャラクター分析を悩みながらももっと深く楽しむことができで、そのおかげで私にとって意味のある作業でした。監督は新製品は全部持っているというほどアーリーアダプターで、最近の感性をよく理解して時代をリードしていく面がある方だと感じました。 「不信地獄」「建築学概論」「徐福」まで、遠いながらも近い話を、重いが重すぎないように、でも軽くないように見せてくださった監督と一緒に作業できて光栄でした。

Q.イム・セウン役を演じた俳優チャン・ヨンナムとの呼吸はどうだったか
以前インタビューで、私が共演したい俳優としてチャン・ヨンナム先輩と答えたことがあるが、その夢が叶って幸せでした。 チャン・ヨンナム先輩と演技をする時、互いに目を合わせながら演技するシーンがかなりあったのですが、その度に徐福を大切に思い、考えてくれる心がそのまま感じられ、感情を交わし合いながら演技できる瞬間が多くて良かったです。





2021/05/02 12:00

この記事が気に入ったら


韓国のことは任せてください。


「パク・ボゴム」の関連情報



最新記事
アクセスランキング