wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
ソン・ジュンギ主演『ヴィンチェンツォ』第20話(最終回)あらすじ&ネタバレ/最終回は自己最高記録!

今、最も話題になっているソン・ジュンギ主演ドラマ『ヴィンチェンツォ』の最終回 あらすじを紹介します。視聴率は右肩上がりで、自己最高記録を更新! ソン・ジュンギ演じるヴィンチェンツォの活躍を最後まで楽しみましょう!※この記事は本編のネタバレが含まれています。

前回のおさらい

『ヴィンチェンツォ』最終回の視聴率は首都圏基準で平均16.6%、最高18.4%、全国基準では平均14.6%、最高16.2%を記録し、自己最高を更新しました。(ニールセン・コリア調)

出所したハンソクがチャヨンとハンソを拉致し、ヴィンチェンツォをおびき出します。
チャヨンが撃たれ、銃を向けられたヴィンチェンツォは……。
ヴィンチェンツォはハンソクたちとどのような決着をつけるのでしょうか!?

http://img.mbn.co.kr/filewww/news/other/2021/04/30/230122400300.jpg

主な登場人物

●ヴィンチェンツォ・カサノ/演:ソン・ジュンギ・・・イタリアのマフィア、カサノ家のコンシリエーレ(マフィアの顧問)だったが、権力争いに巻き込まれイタリアを離れて韓国へ。クムガ・プラザの地下の隠し金庫に眠る金塊を狙う。悪態をつく時はイタリア語になる。
●ホン・チャヨン/演:チョン・ヨビン・・・ウサン事務所の凄腕弁護士。金儲け主義で、考え方の違いから父親と度々衝突する。
●チャン・ハンソク(ジュヌ)/演:オク・テギョン(2PM)・・・バベル・グループ会長。ジュヌと名乗り、正体を隠してウサン事務所のインターンをしていた。
●チャン・ハンソ/演:クァク・ドンヨン・・・バベル・グループの副会長。
●ホン・ユチョン/演:ユ・ジェミョン・・・法律事務所(藁)の代表で、開発反対の会会長のチャヨンの父親。
●チュ・ミョンヒ/演:キム・ヨジン・・・検事を辞めてウサン事務所のシニア弁護士になる。
●ハン・スンヒョク/演:チョ・ハンチョル・・・バベル・グループのパートナーで、韓国最大の法律事務所ウサンの代表。
●チョ・ヨンウン・・・クムガ・プラザのオーナー。ヴィンチェンツォと秘密を共有する。
●パク・ソクド・・・アント・カンパニー代表。
●チョン・イングク・・・ヴィンチェンツォと協力する検事。

ドラマのあらすじ解説

以下、本編のネタバレ含みます。



ハンソクがヴィンチェンツォに銃を向けて引き金を引こうとすると、ハンソが銃を握って自分に向けました。
「お前は絶対に生まれるべきじゃなかった」と言うハンソに対して、ハンソクは「クズめ」と言って撃ち抜きます。
ハンソクは、次にヴィンチェンツォを撃とうとすると、弾切れになり、ベランダから飛び降りて逃げ去りました。

https://img.asiatoday.co.kr/file/2021y/05m/02d/2021050201000075100004431.jpg

ハンソの最期

ヴィンチェンツォは救急車を呼び、ハンソに駆け寄って「よくやった、さすが俺の弟だ」と慰めます。
ハンソは「生まれて初めて誰かの役に立った……兄貴、あとは頼みます。本当にありがとう」という言って、スマートフォンを渡し、息をひきとりました。

最後の夜

チャヨンが病室で目を覚ますと、ヴィンチェンツォはホッとして微笑みました。
気遣うヴィンチェンツォにチャヨンは、「私は一緒に闘って撃たれただけ。あなたは悪くない。私は大丈夫だから心配せずにすべて終わらせて」と伝えました。
ヴィンチェンツォは「24時間以内に片付ける」と答えいます。
チャヨンは「これが最後の夜ね」と、全てを終わらせたらすぐ韓国に離れるように言いました。

最も恐ろしい敵

ヴィンチェンツォは、アン・ギソクにハンソのスマートフォンのロック解除を頼み、ギロチン・ファイルを渡しました。
「正義の為に使います」というアン・ギソクに、ヴィンチェンツォは「敵を潰す為に使ってくれ」と答えます。
「正義を語る政治家や官僚よりも、最も恐ろしい敵はみかじめ料が高いと言って、バットを持って俺の家の前に立つピザ職人だ」と言いました。

スンヒョクの命

ハン・スンヒョクは、自分の命を守る為に留置所に入る事にしました。
しかし、賄賂と横領罪の供述書にサインする直前に、ヴィンチェンツォから電話がかかってきます。
ヴィンチェンツォは、「命が助かる方法を教える」と言って、3時間以内にチェ・ミョンヒを出所させるように命じました。

ミョンヒの出所

ミョンヒは、南東部地検が不起訴にして、出所となりました。
ヴィンチェンツォはミョンヒに電話でスンヒョクの裏切りを教え、「今日が命日になる」と宣言しました。
出所したミョンヒをチェ・ヨンウンが尾行します。

ハンソクの逃亡計画

ミョンヒはハンソクと連絡を取って、スンヒョクがヴィンチェンツォに自分を売った事を伝えます。ハンソクは、財産の整理を頼み、50億ウォンをミョンヒに譲って、深夜0時に密航船でメキシコへ逃亡、ミョンヒも韓国を離れようとします。
ヴィンチェンツォは、アン・ギソクの協力で、ハンソのスマートフォンの位置情報からハンソクを追跡します。
ミョンヒはハンソクの財産を新しい指定口座へと送金。

スンヒョクの最期

裁判所前で記者たちに囲まれたスンヒョクは、バベルの不正行為を弁護していた事について問われます。
スンヒョクは、ウサンではなくチェ・ミョンヒが独断で動いていたと責任転換。
そこへハンソクからスンヒョクへ電話がかかってきました。
ハンソクが「最後まで俺を敬ってくれないと。俺の弟をよろしく」と伝えると、スンヒョクはナイフを持った男たちに刺されます。
記者たちの目の前でスンヒョクは絶命!
ハンソクを追っていたヴィンチェンツォは、逃げるハンソクの車とすれ違い、スンヒョクの死を目撃しました。

ミョンヒとの決着は?

ミョンヒはSPを連れてパスポートを取りに自宅に戻ると、ヴィンチェンツォが待ち構えていました。
ヨンウンがSPを倒し、ミョンヒはヴィンチェンツォと2人きりになります。
ミョンヒが送金をソ・ミリがハッキングして、ハンソクの財産は全額寄付されました。
ヴィンチェンツォは、「ダンスが好きだろ。踊らせてやる、思う存分」と言って、ミョンヒを拉致します。
その後、SPが警察に通報し、ヴィンチェンツォは指名手配されました。

ヴィンチェンツォの制裁

廃墟の倉庫で、ミョンヒは椅子に座らされた状態で目を覚まします。
足は切り刻まれて血まみれで、床に貼りつけられていました。
ミョンヒは「私を殺せば何か変わるとでも?――何の意味もないよ、クズがクズを殺すってだけ。いくらカッコつけて私を殺しても、あんたと私は同類なのよ」と言いました。
ヴィンチェンツォは否定し、「俺は夜叉と羅刹を従える多聞天だ」と言ってスプリンクラーでガソリンをまきます。

ミョンヒの最期

ヴィンチェンツォは音楽をかけ、「最期まで苦痛を味わえるはずだ」と言うと、ミョンヒは怯えて「女と子供には手を出さないはずでしょ!」と命乞いをします。
「あんたは女じゃない。欲望のままに生きるモンスターだ」と言い、銃で撃てと叫ぶミョンヒに背を向け、ライターに火をつけて放り投げました。
ミョンヒは火ダルマになって踊るようにもがき苦しみ続けました。

ハンソクの密航を阻止

ヴィンチェンツォが倉庫から出ると、アン・ギソクにハンソクの位置を確認し、指名手配になっている事も聞きます。
ハンソクが密航の為に港に着くと、タク社長、パク・ソクド、イ・チョルクが阻止!
手下たちをやっつけるクムガ・プラザの精鋭たち。
ハンソクが逃げようとすると、イ・チョルクが羽交い締めにしますが、ハンソクに滅多刺しにされました。
ヴィンチェンツォも港に着くと、ハンソクの足を撃って動けなくします。
それでも逃げようとするハンソクをタク社長が蹴り上げて気絶させました。

チョルクの頼み

ヴィンチェンツォがイ・チョルクのもとに駆け付けると、「チャン会長は捕まえた?警察には渡さないで、弁護士さんが必ず…」と言います。
さらに、イ・チョルクは娘が生まれたらゴッドファーザーになってほしいと言い、ヴィンチェンツォはゴッドファーザーになると約束しました。
パク・ソドクは元看護師で、イ・チョルクに応急処置をします。
パトカーが来たので、ヴィンチェンツォは急いでハンソクを連れて行きました。

緊迫した中、タク社長が「またな、コーンサラダ」と言って握手をします。
パク・ソドクたちは怪我人がいると騒いで、パトカーを食い止め、ヴィンチェンツォを逃がしました。
ハンソクにいよいよヴィンチェンツォの制裁が下ります!

ハンソが仕組んだ追跡装置

目を覚ましたハンソクは何故自分の居場所が分かったのか訊ねます。
「お前の弟のおかげだ」と答えるヴィンチェンツォ。
ヴィンチェンツォが自宅でハンソとラーメンを食べていた時の回想。
ハンソは兄が自分におそろいの時計をプレゼントされ、怪しいと思って時計を分解してたら追跡装置を見つけたのです。
その時計を使わずに、ハンソクの時計に追跡装置を仕込み、スマートフォンで追跡できるようにしました。
ヴィンチェンツォが追跡する理由を聞くと、ハンソは「あの人はこれからも問題を起こして、きっとまた逃げ出す。中学生で友達を殺した時も父が逃がしたんです。その時に罰を受けてたら変わってたかもしれない」

ハンソは、俺はバカだから全部の時計に仕込んだと言って笑いました。
ヴィンチェンツォが「弟の判断は正しかった」と言うと、ハンソクは「最期まで役に立たないヤツめ」と悪態つきました。

贖罪の槍

ハンソクは椅子に縛られ、ドリルが胸に向けられた装置が設置されていました。
ヴィンチェンツォがロシアマフィアに教わった装置で、名前は“コピヨー・イスクゥプリエーニャ=贖罪の槍”。
ハンソクは「俺が罪を償うとでも」と凄みますが、ヴィンチェンツォは「どうでもいいことだ。お前が苦しめばいい」と、冷酷に返します。
ヴィンチェンツォが装置を動かすと、ドリルがハンソクの胸に向かって回転していきます。

ハンソクへの制裁

「5分毎に5ミリずつ贖罪の槍が胸を突き刺す。体が軽くなるほど血が抜けて、想像を絶する苦痛を味わう。明日の正午か槍が肺に達すればお前は死ぬ」と告げるヴィンチェンツォ。
ハンソクは、「俺の全財産をやるよ。満足できないなら腕か足を切り落とせばいいだろう。俺を生かすことはできるだろう」と命乞いをします。
ヴィンチェンツォは「生かす必要がない」と言って、装置を自動に切り替え、「弟に会ったら謝れ。戦利品として頂くよ」と時計を取って去っていきました。

ヴィンチェンツォとの別れ

ヴィンチェンツォはチャヨンに電話をするか悩んだ末、連絡はせずに電源をオフにしてスマートフォンを捨てました。
アン・ギソクがパスポートを渡し、30分だけ個人情報と顔認証データを差し替えたと伝えます。
そこへチャヨンが、最後に顔を見にやって来ました。
ヴィンチェンツォは「これから面倒な事になる」と言うと、「なんてことない」と答えるチャヨンを抱きしめます。
事務長にも挨拶をして、ヴィンチェンツォは韓国を去っていきました。

事件から1年後

ドリルで胸に穴を開けられて一晩中苦しみ続けたハンソクは、正午までに絶命しました。
1年後、パク議員は落選し、土地の違法投機で逮捕されました。バベル・グループは、会社再生法を適用されます。
パク議員の右腕だったキム・ソグは、クムガ・プラザの前で、開発の再開を公約にして、選挙演説をしています。
そこへ、チャヨンが、カサノ・クムガ・ファミリーを率いて現れます。
「カサノ!」と叫び、開発の再開こそ違法で、街を壊すのは絶対に許さないと抗議しました。

オ・ギョンジャの再審

シングァン銀行ファン会長殺害事件の再審が行われ、チャヨンはファン会長の暴行未遂とオ・ギョンジャの過失致死が認められ、汚名が晴れました。
さらに、ファン会長の妻で現ソ会長が、事故を目撃しても救助を行わなかった事から、裁判後に緊急逮捕されます。
息子のファン・ミンソンの証言によって事件の全容が解明されたのです。
留置所にいてもテ・ホに心酔するミンソンに、チャヨンはヴィンチェンツォの写真と引き換えに証言をとりました。

情報院

局長が院長に、アン・ギソクは局長に昇進しました。
アン・ギソクが1年探し続けてもヴィンチェンツォの行方不明のまま。
ギロチン・ファイルの捜査は、検察からの共同捜査を断って、単独で調べる事にまりました。
チョ・ヨンウンは情報院に戻り、国際犯罪対策局に復帰。
アン・ギソクとチョ・ヨンウンは、コンシリエーレを見つけようと手を組みます。
そんな2人を見て、「コーンサラダのことばかりだ」と呆れる院長。

ヴィンチェンツォと住職

質屋では娘が生まれ、パク・ソドクが店を手伝っていました。店主のイ・チョルクは九死に一生を得て、今も元気です。
ソ・ミリは金塊の分け前を古いピアノの中に隠していました。
寺は、プロポーズの祈願のスポットとなり、その地下には金の仏像が置かれています。
かつて、ヴィンチェンツォは住職に、「正しい道に進めない」と告白していました。
住職は、四天王の武神多聞天の話をして、「多聞天は夜叉と羅刹という悪鬼を従えて、お釈迦様の教えと衆生を守っておられる。だから夜叉と羅刹を連れて人々のために闘うのです。そうすれば時々お釈迦さまが慰めてくれるでしょう」と伝えました。

年に1度の再会

チャヨンは以前、ヴィンチェンツォが韓国に戻らなかったらと訊ねると、ヴィンチェンツォは七夕の織姫と彦星の話をして1年に1回会える機会があると話しました。
現在、事務所藁には、ヴィンチェンツォから、“仲間とは2つの身体の中に1つの魂が宿るもの”というメッセージを添えたマルタの絵はがきが何通も送られてきました。
さらに、チャヨンには韓国・イタリア修好記念美術展の招待状が届きます。
美術館を訪ねたチャヨンは、ヴィンチェンツォと再会!
イタリアの使節団に紛れて入国しました。

ヴィンチェンツォの現在

ヴィンチェンツォは、金でマルタの近くの無人島を買って、イタリア語の“藁”と名付けました。
地下室を開けた後、金塊はチャヨンの自宅の敷地内にある倉庫の地下部屋へと移されていました。
カサノ・ファミリーの危機を阻止したヴィンチェンツォは、ボスとなってファミリーたちと島で暮らしています。
「会いたかった」というチャヨンに、ヴィンチェンツォは「島でずっと、あなたの事を考えていた」と言ってキスをしました。

悪は善より偉大

ヴィンチェンツォの独白。
「2日前ルチアーノらをブドウ畑の肥やしにし、マルタのオリーブ農園を手に入れた。俺は相変わらず悪党で正義に興味はない。正義は軟弱でうつろだ。それでも悪党に勝てるものか。もし無慈悲な正義が存在するなら、俺は喜んで屈する。悪党も平和な世の中を望んでいるのだ。だが、それはかなわないから、新たな趣味ができた。クズを始末すること、そうしなければクズに埋もれてしまう。悪党として最後に伝えたい事がある。<悪は善より偉大なり>」

『ヴィンチェンツォ』NETFLIXにて全話配信中!

https://img.hankyung.com/photo/202105/BF.26223377.1.jpg


2021/05/05 18:58

この記事が気に入ったら


韓国好きのココロを満たす情報サイト

関連記事



最新記事
アクセスランキング