wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
「Highlight」、3年7カ月ぶりのカムバック…初週活動盛況に終える


グループ「Highlight」が、カムバック初週の活動を成功的に終えました。

「Highlight」は、6日のMnet「M COUNTDOWN」を皮切りに、KBS 2TVの「ミュージックバンク」、「ユ・ヒヨルのスケッチブック」、MBC「ショー! 音楽中心」、SBS「人気歌謡」などの音楽番組に出演して、ニューミニアルバム「The Blowing」のタイトル曲「NOT THE END」および収録曲「Sorry」、「Disconnected」のステージを披露しました。

「Highlight」は、3年7ヶ月という空白期が感じられないほどステージごとにしっかりしたライブと、老練なパフォーマンスをプレゼントして“信じて聞く「Highlight」”を証明しました。 「Highlight」はデビュー13年目のキャリアが感じられる余裕がある舞台マナーで独歩的な存在感を表わしました。

また、「Highlight」はYouTubeコンテンツ“Killing Voice”で「Plz Don’t Be Sad」、「Beautiful」、「Fiction」、「Breath」、「リボン」、「雨が降る日には」、「12時30分」、「Shock」、「Mystery」など、多数のヒット曲を披露して、ファンたちを喜ばせたし、新曲「NOT THE END」までライブで歌って、やはり「Highlight」という好評を得ました。

引き続き、YouTubeチャネルの「歌は聞いて歩いてる?」では、ニューアルバムのタイトル曲「NOT THE END」をはじめ、収録曲「Sorry」と「Oasis」を、アコースティックバージョンで熱唱してちょっと変わった魅力を見せました。 4人のメンバーの完璧なハーモニーは、韓国内外の音楽ファンたちをひきつけるのに充分でした。

完全体でのバラエティ活躍も引き立って見えました。 「Highlight」は、YouTubeコンテンツ「Jessiのショータビュー」、「文明特急」、JTBCの「知ってるお兄さん」など、多様なバラエティ番組に出演して色あせないトークとバラエティセンスを見せました。 特に8日には、「知ってるお兄さん」のイ・スグンとのコラボレーション童謡「病気にならないで」を発売して特級な義理を見せるなど縦横無尽に活躍を広げました。

「The Blowing」は、長い間の待った末に帰ってきた「Highlight」が、もう一度人生で最も楽しくてきらびやかな瞬間を一緒に書いていこうという願いを込めたアルバムです。 イ・ギグァンが作詞および作曲に参加したタイトル曲「NOT THE END」は、3日発売直後にBugs、genieのリアルタイムチャート1位になるなど、主な音楽配信サイトの最上位圏にランクインしました。 ここに海外15カ国のiTunesのアルバムチャートTOP10にランクインして、成功的なカムバックを知らせました。

このように韓国内外のファンたちの関心の中で、初週の活動を盛況に終えた「Highlight」は、より一層活発な活動と多彩なコンテンツでファンたちに会う予定です。


2021/05/10 11:14

この記事が気に入ったら


韓国に住んでいます


「Highlight」の関連情報



最新記事
アクセスランキング