wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
ソ・イングクXイ・スヒョク、映画「パイプライン」5月26日に封切り確定…2次予告編を公開、息をのむ緊張感


映画「パイプライン」が5月26日に封切りを確定しました。

韓国の土地の下に隠された数千億の原油を盗み人生逆転を夢見る6人の原油泥棒がチームプレーを繰り広げる犯罪映画「パイプライン」が来る26日に劇場公開される予定です。
封切りの確定と共に一瞬さえも目が離せない没入感と快感をプレゼントする2次予告編を初公開し、注目を集めています。


13日に公開された2次予告編は盗油業界で最高の穿孔技術者であり作戦総括チーム長のピンドリ(ソ・イングク)が、危険な盗油作戦を計画した大企業の後継者ゴヌ(イ・スヒョク)と出会うシーンから始まる。さらに、盗油で人生逆転を夢見て大韓民国最高の原油泥棒のプロが一堂に会することから、ストーリーに対する好奇心を刺激します。

特に盗油業界最高の穿孔の名手であり、作戦総括チーム長ピンドリ(ソ・イングク)から、危険な作戦を計画した大企業の後継者ゴヌ(イ・スヒョク)、プロの溶接工ジョプセ(ウム・ムンソク)、トンネル設計のナ課長(ユ・スンモク)、人間ショベルのクンサプ(テ・ハンホ)、状況判断が速い監視者役のカウンター(ペ・ダビン)まで個性あふれるキャラクターたちが登場し、彼らが披露するチームプレーに期待が高まっている状況です。

ここに「終わらせなければお前の命は差し出せ」というゴヌの台詞とともに、危険な状況に陥ったような原油泥棒たちの姿から、包囲網を狭めてくる警察の追撃まで加わり一瞬さえも予測できないストーリーと歴代級のスケールに期待感がピークに達しています。


「パイプライン」は、韓国初の盗油犯罪を扱った新鮮な素材に、痛快なアクションとランニングタイムを埋め尽くす面白さ、息をのむ緊張感あふれる展開で、5月に劇場を盛り上げる最も強力なエンターテイニングムービーの誕生を知らせました。

「マルチュク青春通り」「卑劣な街」を演出したユ・ハ監督の久しぶりの新作としてより一層期待を集めています。





2021/05/15 18:00

この記事が気に入ったら


韓国のことは任せてください。


「ソ・イングク」の関連情報

「イ・スヒョク」の関連情報



最新記事
アクセスランキング