wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
2PMテギョン、見かけ倒しの御史に完全憑依!笑いを誘うドタバタ劇を予告するスチール公開…ドラマ「御史とジョイ」


「御史とジョイ」テギョン(2PM)のスチールカットが公開されました。

tvN 15周年特別企画の月火ドラマ「御史とジョイ」側は8日、マイウェイを行く風変わりな御史イアンに完璧に憑依したテギョンの初スチールカットを公開しまいsた。初挑戦するコミカル時代劇で多彩な魅力を披露するテギョンの姿が楽しみです。

「御史とジョイ」は、思いがけなく御史となってしまった外見だけはまともな若旦那と幸福を探して突き進むバツイチ女性の陽気でコミックなカップル捜査ショーです。ドラマ「サバイバー:宿命の大統領(Designated Survivor)」 「キム秘書はいったい、なぜ?」などを演出したユ・ジョンソン監督と映画「ガール・コップス」、ドラマ「恋のトリセツ〜フンナムとジョンウムの恋愛日誌〜」「タムナ 〜Love the Island〜」を執筆したイ・ジェユン作家が意気投合してドラマファンの期待を刺激します。

彼の平和な日常は思いがけなく御史に任命されたことで一転します。王の教旨を眺めるイアンの表情は心苦しそうです。両班の体面は投げ捨て息を切らして走る姿が笑いを誘います。 事件に事故、失踪がオプションの御史のいばらの道で無事に生き残れるか好奇心を刺激します。 何より、今は見掛け倒しのお坊ちゃまであるイアンだが、果たして官僚の悪事に刃向かう正義の御史として生まれ変われるか彼の行動が気になる状況です。


テギョンは「御史とジョイ」出演を決めた理由として“面白さ”を挙げました。 彼は「台本を気持ちよく笑いながら読んだ。イアンとジョイが見せる新鮮なケミが胸をときめかせた」と話した。「自分だけの“マイウェイ”を行くイアンの姿が面白かった。やる気になるまでは動かないが、心が動いた瞬間、誰よりも上手にやりこなすのがイアンの真価だ」と魅力ポイントをまとめました。 さらに、彼は「撮影するほどに時代劇の演技の魅力にハマる。 早くイアンの姿をお見せしたい」と期待を高めました。

「御史とジョイ」は11月8日夜10時30分に初放送される予定です。


公開された写真には、御史になるという青天の霹靂のような任命を受け、人生の逆変を迎えたラ・イアン(テギョン扮)の姿が描かれている。 科挙に合格後、“ホンムングァン(弘文館)のブスチャン(副修撰/官職)”という保障された出世ルートを歩んでいるようだが、実状は出世には関心がなく、食べることだけに本気なマンネリ公務員だ。日差しの下で和やかなビジュアルを放っているイアン。 彼が手に持つものは他ならぬ弁当箱だ。 大事そうに弁当箱を抱えた顔はとても幸せそうに見える。 イアンのモットーは「昼の時間は死守!定時退勤厳守」だ。 この世の全てのことが面倒だといういつもの姿は跡形もなく、目を輝かせるイアン。“定時退勤”後、夕飯のために勇ましく腕まくりする姿はまるで出征を控えた将軍を連想させて笑いを誘発する。

2021/10/10 11:00

この記事が気に入ったら


韓国のことは任せてください。


「2PM」の関連情報



最新記事
アクセスランキング