wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
俳優イ・ジェフンが演出した映画「ブルーハピネス」、チョン・ヘイン、イ・ドンフィなどが出演し期待大


WATCHAオリジナルショートフィルムプロジェクト“Unframed”で、イ・ジェフン監督が演出した映画「ブルーハピネス」が、今現在の大韓民国で最も注目される青春俳優が総出動した作品で期待を集めています。

未来に対する不安と悩みに向き合ったまま、平凡な人生を夢見る就活生のチャニョンが、いくら努力しても簡単に手にすることができない幸福を追いかけて行く話を描いたイ・ジェフン監督の演出作「ブルーハピネス」が、俳優チョン・ヘイン、イ・ドンフィ、キム・ダエ、タン・ジュンサン、ピョ・イェジンなど、現在一番注目されている若い俳優の出演で世間の注目を集めています。

韓国映画界が注目する豊かな俳優ラインナップでキャスティング公開当時熱いスポットライトを受けたイ・ジェフン監督は、「僕と縁のある俳優の助けをたくさん受けた作品だ。 それで俳優が引き立って見えたらいいなと思ったし、その部分を最も重点的に見た」とし、「ブルーハピネス」を通じて俳優の新しい顔を引き出すために努力したことを伝えました。

特にシナリオ段階からチョン・ヘインを念頭に置いて書いたと明らかにしたイ・ジェフン監督は「チョン・ヘイン俳優が、僕考えたチャニョンの200%以上を出してくれた。 モニターをするたびに驚くべきだった。 チョン・ヘイン俳優ではなかったら、この作品がこのように出てくるのは難しかったと思う」と、心からの謝意を表すると同時に、俳優チョン・ヘインが見せる新しい顔に対する期待を高めました。

一方、シナリオを受けるやいなやイ・ジェフン監督に長文のメッセージを送るほど深く共感したという俳優チョン・ヘインは「イ・ジェフン監督は俳優が気楽に演技できるエネルギーを奮い立たせてくださった」と、作業所感を伝える一方、「ブルーハピネス」にノーギャラで参加したことが明らかになって、ほっこりさを加えました。

イ・ジェフン監督が演出した映画「ブルーハピネス」をはじめ、パク・ジョンミン監督の「班長選挙」、ソン・ソグク監督の「再放送」、チェ・ヒソ監督の「蛍」まで、多彩な個性の4名のアーティストの話を描いた“Unframed”はフレームから抜け出して新しい可能性を探索する4名のアーティスト(パク・ジョンミン、ソン・ソグク、チェ・ヒソ、イ・ジェフン)が、胸中深々と抱いていた話を直接書いて演出したショートフィルムプロジェクトで、12月8日にWATCHAで単独公開されます。




2021/11/30 16:22

この記事が気に入ったら


韓国に住んでいます


「イ・ジェフン」の関連情報



最新記事
アクセスランキング