wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
イ・セヨン&「2PM」イ・ジュノ、ドラマ出演者話題性1位と2位…「袖の赤い裾口」、ドラマ部門とドラマ・非ドラマ話題性などでも1位独占


※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。
MBC金土ドラマ「袖の赤い裾口」が、ドラマ部門で3週連続で話題性1位、ドラマ・非ドラマ統合話題性で1位、ドラマ出演者の話題性ではイ・セヨンが1位、イ・ジュノが2位に名前を上げて人気ドラマとしての歩みを見せている。加えて、錚々たる競争作を抑えて毎回自己最高視聴率を更新して同時間帯1位で熱い人気を証明しています。


今回の調査は、TV話題性分析機関であるグッドデータコーポレーションが2021年11月22日から28日まで放送中または放送予定のドラマ29個、非ドラマ197個を対象に、ニュース記事、VON(ブログ/コミュニティ)、動画、SNSで発生したネットユーザーの反応を分析して話題性スコアを集計した結果だ。11月4週目の話題性統計は袖の赤い裾口」がドラマ自体の話題性1位だけでなく、ドラマ部門週間話題性の放送会社ランキングでもMBCが1位を占めて、文字通り話題性総なめの栄誉に輝きました。
27日(土)に放送された「袖の赤い裾口」6話では、イ・サン(イ・ジュノ)がソン・ドギム(イ・セヨン)の助けで禁足令を解かれる様子が描かれ、この過程でサンが自身のために力を尽くすドギムの姿にどんどんひかれていく場面が放送された。エンディングシーンでは、浴槽にお湯を満たそうとしたドギムとこれを助けようとしたサンが一緒に浴槽に落ちてしまい、びっしょり濡れたふたりが見つめ合うというシーンで終了し、視聴者の心拍数を高めました。


5~6話の放送を見たネットユーザーは、「4年ぶりに人生ドラマが追加された」「ほんとに、とても面白い。ストーリーに演技がとても良い。とてもときめく」「ストーリー、演出、演技が良く、美術、音感、照明完璧!視聴率推移が本当に美しい」「面白いという修飾語では足りない!今日はまさにレジェンド」などの熱い反応が注がれました。
一方、MBC輝度ドラマ「袖の赤い裾口」は、自身が選んだ人生を守ろうとした宮女と愛より国が優先だった王の切ない宮中ロマンス記録で、12月3日(金)夜9時50分に7話が放送されます。

2021/11/30 23:53

この記事が気に入ったら


韓国のことは任せてください。


「2PM」の関連情報

「イ・セヨン」の関連情報



最新記事
アクセスランキング