wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
『逃亡医F』第3話ゲスト解禁、香川の娘・空見子役に夏子が決定!

息もつかせぬスリリングな展開で注目を集めている土曜ドラマ『逃亡医F』。1月29日 よる10時から放送の第3話に女優・モデルとして活躍中の夏子がゲスト出演することが発表された。第2話で藤木(成田凌)が身を寄せた【喫茶すずらん】の店長 香川(升毅)の生き別れとなった娘 空見子(くみこ)を演じる夏子は自身の役どころについて「医療、逃亡、復讐、さまざまな状況が渦巻くなかで、空見子は結婚を目前にしたごく普通の女性として登場します。母とふたりで生きてきた強く懸命な女性が、人生の第二ステージへ進むとき、どう成長していくのか、見届けていただけますと嬉しいです。」と語った。

第3話では、健太少年の手術を終えて逃亡を図った藤木だったが、耳が聴こえづらそうにしていた香川の様子や料理の味の変化から、何かが神経を圧迫して味覚障害と聴覚障害を同時に引き起こしていることを疑っていた。藤木の予想通り、脳腫瘍の一種である聴神経腫瘍を患っていたことを明かした香川は、治療しても味覚障害が残ることを恐れて、これ以上の治療を拒否していた……。
しかし、離婚した妻・晴枝(朝加真由美)との間にできた絶縁状態の娘・空見子(くみこ)の結婚式があることを、会場であるホテルの厨房で働く知り合いづてに知った香川は、娘の結婚式で料理を作ることさえできれば悔いはないと、結婚式の後に手術を受けることに決める。

そんな中、香川の店には藤木の行方を追って、警察が聞き込みに訪れる。ついに藤木の正体を知る香川。
再び藤木に追っ手が迫る中、香川の病状も急激に悪化が進み―――!?
料理に込められた父の想いは、生き別れた娘に届くのか───
感動の第3話は1月29日 土曜よる10時放送!

<夏子(香川 空見子役)コメント>
空見子役を演じます、夏子です。初めて3話の台本を読んだ時、文字から映像が浮かんでくるようでページをめくる手が止まらなかったのを覚えています。手が止まらないと同時に、涙も止まりませんでした。
医療、逃亡、復讐、さまざまな状況が渦巻くなかで、空見子は結婚を目前にしたごく普通の女性として登場します。母とふたりで生きてきた強く懸命な女性が、人生の第二ステージへ進むとき、どう成長していくのか、見届けていただけますと嬉しいです。家族や大切な人に会いたくなる、そんな第3話を楽しんでいただけますように。

『逃亡医F』第2話あらすじ

<あらすじ>
雪山で滑落した藤木(成田凌)は、地元の少年・健太(白髭善)と、喫茶店店主・香川(升毅)に助けられる。身元がバレることを恐れる藤木の前に現れたのは、藤木の冤罪を信じて追ってきた美香子(森七菜)! 香川から駆け落ちだと勘違いされた2人は、店の2階に居候することに。ある日、藤木は、香川の店に荷物を預けている登山客の中に亡き恋人・妙子(桜庭ななみ)の共同研究者・都波(となみ)(酒向芳)の名前を見つける。都波こそ、藤木が探していた事件の鍵を握る人物だった……。一方東京では、都波が研究で出張中と知った拓郎(松岡昌宏)が、藤木と都波が落ち合うと推測していた。そんな中、藤木は、喫茶店の取材依頼に訪れた地元テレビ局のアナウンサー・島崎(馬場ふみか)と、同僚で健太の父・松田(林泰文)に正体を気づかれてしまう……。逃亡を決意した藤木だったが、助けを必要とする患者が現れる! それは、自分を救ってくれた少年・健太だった!

<見どころ> 
逃亡中の雪山で滑落した藤木(成田凌)。地元の少年・健太(白髭善)に発見された藤木は、山麓の喫茶店店主・香川(升毅)の車に乗せられ、病院へと運ばれる。身元がバレることを恐れ、診察を拒む藤木の前に現れたのは、なんとギプスをした美香子(森七菜)! 藤木の冤罪を信じる美香子は、藤木が持っていた地図の情報を頼りに、力になりたいと駆けつけたのだ……。2人が駆け落ちだと早とちりした香川は喫茶店の2階を仮住まいとして提供する。
そんな中、藤木は、香川の店に荷物を預けている登山客の中に亡き恋人・妙子(桜庭ななみ)の共同研究者・都波(酒向芳)の名前を見つける。都波こそ、藤木が探していた事件の鍵を握る人物。妙子は殺される直前、藤木に、自分に何かあったら都波教授に会うよう言い残していた……。
その頃、刑事の筋川(和田聰宏)の弱みにつけ込み捜査に介入する拓郎(松岡昌宏)は、都波が研究で出張中と聞き、藤木と都波がどこかで待ち合わせをしていると推測。さらに、妙子の部屋の遺品整理をしていた自称友人の烏丸(前田敦子)に違和感を感じ、身辺を洗おうとする。
一方、香川の喫茶店に、健太の父・松田(林泰文)が、勤務先のローカルテレビ局のアナウンサー・島崎(馬場ふみか)と共に取材許可を取るべく訪れる。息子・健太の持病のせいで急な休みを取ることが多い松田は、生意気な島崎の尻に敷かれ、いいように使われているが……。店を手伝う藤木の正体が指名手配犯であることに気づいた松田と島崎は、スクープ映像を撮ろうと画策する……。
夕方。都波を探していた藤木は、ジョギングしている健太に鉢合わせる。急に咳が止まらなくなる健太を心配し、診察する藤木だが、持病があるせいで自分が両親の負担になっていることに悩む健太は、自分を患者のように扱う藤木に怒り出す……。病名を尋ねる藤木に、健太は「313」とだけ告げ、その場を去る。
そこに、スクープを狙う島崎が現れる! 島崎は、喫茶店の取材のふりをし、こっそり藤木を撮影しようとする……! 逃亡を決意した藤木だったが、助けを必要とする患者が現れる! それは、自分を救ってくれた少年・健太だった!

<ここからネタバレ>
島崎と松田から逃れるため、香川の喫茶店を去ることにした藤木と美香子は、都波の行方を追って、山へと向かう。
一方、拓郎は筋川と共に、帝都医大の都波の研究室へ。捜査に協力する藤木の後輩・長谷川(桐山照史)は、警察の聞き込み後、散らかっていた都波の研究室から突然物がなくなったと話すが……。拓郎たちが帰った後、長谷川はなぜか一人、冷や汗を拭う。
翌日。都波のアパートを訪ねた拓郎は、部屋に残された地図から、都波の行く先に当たりをつける……。
その頃、藤木たちは、都波を探して雪の降る山道を進んでいた。次第に激しく降ってくる雪の中、下山しようとした藤木が見つけたのは、雪に埋もれた健太だった! 藤木と美香子は喀血した健太を助けるため、近くにあった無人の山小屋へ。健太は、折れた肋骨が肺に刺さり、命の危険が迫っていた。救助が到着するまでに応急処置をしようと、小屋の中からオペに使えそうな道具をかき集める藤木。しかし、麻酔を打とうとしたその時、小屋のドアがノックされる。現れたのは藤木を追っていた松田と島崎! とっさに藤木を逃がそうとする美香子に、藤木は『医手一律』という言葉を告げる。それは、かつて藤木が妙子から告げられた「いかなる状況でも目の前の治療を優先しろ」という意味の言葉だった……。逃亡よりも治療を優先する覚悟を決めた藤木は、小屋に入ってきた松田の前で健太の持病が『肺静脈狭窄症』だと言い当てる。以前健太が藤木に告げた313という数字は、指定難病の番号だったのだ。息子の一刻を争う事態を前に動揺する松田の傍らで、スクープ映像を撮ろうと、しつこくカメラを回す島崎。松田は、健太が自分たち両親に心配をかけまいと普段から無理をしていたことを知り、藤木を医師として信頼することに決める。
いつものように時間配分のためのカセットテープを再生し、難関手術に挑む藤木! 登山用の水分補給チューブと灯油ポンプを使い、松田を助手に健太の肺に溜まった血を抜きながら、慎重に手術を進める。
そして40分後――。無事に手術は終了。逃亡を諦めたかに見えた藤木だったが、一瞬の隙をつくと、振り返りもせず、吹雪の中へと飛び出していく……!
翌朝。長野電鉄長野線の終着駅・湯田中駅には拓郎と筋川の姿があった。そこは、都波の部屋に残されたわずかな痕跡から、拓郎が探し当てた都波の居場所。
「さてと……潰すか!」
鬼の形相の拓郎が、藤木のすぐ背後に迫っていた……。

(C)NTV

『逃亡医F』番組概要
■タイトル 『逃亡医F』(とうぼうい・エフ)
■放送枠 毎週土曜 よる10時放送
番組公式HP:https://www.ntv.co.jp/toubouif/
(C)NTV


2022/01/22 22:54

この記事が気に入ったら


エンターテインメントはエネルギー。芸能界とファンを応援する芸能情報サイト。

関連記事



最新記事
アクセスランキング