wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
俳優イ・ジュンギ、“「麗<レイ>」でIUと現代再会シーンを撮影したのに放送されなかった…僕もシーズン2をやりたい”


俳優のイ・ジュンギが、ドラマ「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」のエンディングとシーズン2を言及しました。

先月31日午後、ウェブバラエティ「文明特急」のYouTubeチャネルには、「イ・ジュンギ IU カン・ハヌル ナム・ジュヒョク ベクヒョン... 今はキャスティングできないであろう 麗<レイ>の組合せ ジュンギが一度集めてみようとするが同意される方? 私です」というタイトルの映像が掲載されました。

該当映像でイ・ジュンギは、ドラマ「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~ 」(以下、「麗<レイ>」)の華麗なキャスティングについて「この方々と一緒にして良いエネルギーを受けたなあと思う」とし、「幼いファンの方々もできた。 今でもサインをもらいにくる幼いファンたちは、(僕の)前作は知らない。 『麗<レイ>』だけ知ってる」と、話しました。

引き続き、「僕もシーズン2を本当にやりたい。 そんな話をたくさんした」と付け加えたし、進行役のジェジェは同窓会の話を出しました。

するとイ・ジュンギは、「わぁ。その日はパーティーになるんじゃない? それだけで現代で会うことなる」と、肯定的な反応を見せると「君たち集まろう。 美しい時に集まろう」と、提案しました。

それだけでなく、ジェジェは公開されなかったエンディングシーンについて「現代でまた会うシーンを撮りましたか?」と、興味津々に質問したし、イ・ジュンギは「撮った。 “ヘ・ス”(IU)が泣いていて、僕がスーツを着て近付いてハンカチを渡す」と、明らかにしました。

引き続き「何も知らない人のように立っている。 向かい合って“ヘ・ス”が、私が分からないのと言うと、にっこりと笑って眺めて、たしか“ヘ・ス”が呼んだんだったか、振り返って終わった。 ”ヘ・ス“は笑っていて..」と、説明しました。

それと共に「より深みあって辛い余韻か、でなければ希望を眺めることができる余韻か、最後まで監督も悩まれた部分のようです。 どちらを選択しても名残惜しさはあった。 もう少し深くしみる余韻の方が良くないだろうかというのが監督の考えではないだろうかと思う」とし、「正直言って、DVDにはそのシーンを入れることもできた。 でも監督が完全に遮断した。 ファンの方々が悲しむサッドエンディングの方がよりいいと思ったようです」と、付け加えました。



2022/04/01 22:42

この記事が気に入ったら


韓国に住んでいます


「イ・ジュンギ」の関連情報



最新記事
アクセスランキング