wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
IU(アイユー)、”先輩カン・ドンウォンこんなに良い気運の方は初めて”「ベイビー・ブローカー」


歌手兼俳優IU(アイユー)が「ベイビー・ブローカー」で息を合わせた先輩カン・ドンウォンについて話しました。
IUは7日午後、ソウル鍾路区(チョンロク)昭格洞(ソギョクドン)のあるカフェでインタビューを行った。明日(8日)の映画「ベイビー・ブローカー」の公開を前に直接会って話の花を咲かせた。


「ベイビー・ブローカー」は、「第71回カンヌ国際映画祭(2018)」で「ゴールデンパーティー賞」を受賞して世界的な巨匠としての地位を確立した是枝裕和監督の初の韓国映画演出作だ。最近行われた「第75回カンヌ国際映画祭(2022)」で韓国俳優として初めてソン・ガンホが男優主演賞受賞という快挙を成しました。
映画はベビーボックスを通じて関係を結ぶようになった人々の予期せぬ旅程を盛り込みました。

劇中でIUは、ベビーボックスに置きざりにされた赤ちゃんの母親のソヨン役に扮しました。IUは今作で初めて商業映画の主演としてデビューした中、世界で最高権威の「カンヌ国際映画祭」にまで進出する歴代級の歩みを見せました。
この日IUは「カン・ドンウォン先輩とは一番個人的な対話はなかったように思う。だから先輩も私がこんなに感謝しているということはご存じないと思う」と話し始めました。


IUは「今回の映画を撮りながらこんなに良い気運を発する方は初めて見た。カン・ドンウォン先輩のオーラはとても貴重だった」と尊敬の思いを表わしました。
特にIUは「私の最後のシーンは私ひとりで撮るので誰も来る必要がなかったのに。それも離れた撮影現場にカン・ドンウォン先輩が来てくださった。『最後の撮影なのに来ないと』として見て行かれたそうだ。遠くからモニターを見てくださったので来られたことも知らなかった」と感謝の思いを表しました。
続いて「先輩が私だけでなく子どもたちの最後の撮影現場にも行かれたと聞いている。プレゼントまで全部買って」と美談を伝え、「ドンス役がカン・ドンウォン先輩でなかったら、私がこんなに(キャラクターに)入り込むことができただろうかと思う」と打ち明けました。



2022/06/11 14:00

この記事が気に入ったら


韓国のことは任せてください。


「カン・ドンウォン」の関連情報



最新記事
アクセスランキング