wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
実績十分の中で大役に抜てきされた大泉洋

女優の吉永小百合が、山田洋次監督の新作映画「こんにちは、母さん」(来年9月1日公開)で主演を務め、初共演となる俳優の大泉洋と親子役を演じることを、各メディアが報じた。

記事によると、山田監督90本目の同作は、劇作家・永井愛さんの同名人気戯曲を映画化。現代の下町を舞台に、変わりゆく令和の時代に変わらない母の愛を描くという。

吉永にとって、山田監督とのタッグは08年の「母べえ」、15年の「母と暮せば」に続く〝母3部作〟。123本目となる映画で下町に暮らす母を演じる。

吉永は、「大泉さんとは初めてなのでちょっと心配でしたが、明るくて、優しくて、リハーサルの時から励まされています。すてきな親子になりたい…なります!」と意気込でいる。

息子役に抜てきされた大泉は、「役の重責に押し潰されそうではありましたが、リハーサルで、山田監督の力強くも細やかな演出を受け、海より深い愛情をたたえた吉永さんの母親としてのお芝居を目にし、今は感謝と喜びと期待でいっぱいであります」と興奮。「正直申し上げて、あの吉永小百合さんから、大泉洋は生まれない。私もそう思います」としている。

「大泉のコメントではないが、吉永の相手役を演じるのはなかなかのプレッシャーがかかるはずだが、すでに実績十分の大泉がここに来て抜てきされるとは思わなかった。吉永との演技でどんな〝化学反応〟が見られるのかが注目される」(映画業界関係者)

このところの吉永の作品に出演した俳優陣は、「ふしぎな岬の物語」(14年)に阿部寛、「母と暮らせば」に嵐・二宮和也、「北の桜守」(18年)に堺雅人、「最高の人生の見つけ方」(19年)にムロツヨシ、「いのちの停車場」(21年)に松坂桃李、そして大泉という豪華キャスト。

大泉自身は、有村架純と共演した主演映画「月の満ち欠け」が12月2日に公開予定。映画のヒットで勢いに乗り、吉永との共演作の公開を迎えたいところだろう。


2022/10/05 17:46

この記事が気に入ったら


エンターテインメントはエネルギー。芸能界とファンを応援する芸能情報サイト。

関連記事



最新記事
アクセスランキング