wowKoreaK-POP・韓流ブログ
WoWKoreaトップK-POP・韓流ブログ(K-POPアイドルや韓流スターの最新情報を集めたブログ)
【イマドキ高校生の最新クリスマス事情】クリスマスの定番ソングTOP10

30年に渡り、ティーンに特化したマーケティング&プロモーション支援を提供するアイ・エヌ・ジーが、流行に敏感な関東の高校生男女にトレンド調査を実施した。
渋谷トレンドリサーチは、回収したデータに基づき、渋谷を拠点に運営するINGteens高校生メンバーの生の声を反映し、どこよりもリアルで鮮度の高い最新の高校生トレンドを発表する。

今回の調査テーマは、「クリスマス」。

まずは高校生が選ぶ、「クリスマスの定番ソング」についての調査結果だ。

◆クリスマスの定番ソングと言えば?
1位 クリスマスソング/back number
2位 Last Christmas/Ariana Grande
3位 All I Want for Christmas Is You/Mariah Carey
4位 ホワイトキス/鈴木鈴木
5位 クリスマス・イブ/山下達郎
6位 粉雪/レミオロメン
7位 メリクリ/BoA
8位 恋/back number
9位 ヒロイン/back number
10位 イルミネーション/SEKAI NO OWARI
10位 雪の音/GReeeeN
10位 恋人がサンタクロース/松任谷由実

back numberの『クリスマスソング』が1位を獲得した。ランキングでは、back numberの楽曲が3曲ランクインする結果となっている、back number=ウィンターソングという印象が強いようだ。また、昭和の名曲である山下達郎の『クリスマス・イブ』や松任谷由実の『恋人がサンタクロース』も挙がっており、「クリスマスシーズンにテレビや街中でよく聴くから」(高2・男子)「馴染み深く、一番最初に思い浮かぶ」(高3・男子)などのコメントが寄せられた。時代が移り変わっても、季節の定番ソングは変わらないことが窺える。

次に、「クリスマスに過ごす相手」についての調査結果を発表。

◆クリスマスは誰と過ごす?
1位 恋人
2位 友人
3位 家族
4位 ひとり
5位 親戚
6位 未定

「恋人」が1位を獲得する結果となった。コメントには「イルミネーションを一緒に見たい」(高1・女子)「恋人とお泊りデートをしたい」(高3・男子)などがあり、クリスマスは”恋人の日”というイメージがやはり根強いようだ。一方で、友人と過ごすという意見も多く見られた。バルーンなどの装飾を持ち込み、インスタ映えを狙える”ホカンス”等の登場により、日本ではあまり馴染みのないホームパーティー文化がZ世代に浸透しているようだ。そういった背景から「友人を家に招いて一緒にパーティーをしたい」(高3・女子)といったコメントが多数寄せられた。

続いて、「クリスマスにプレゼントで貰いたいもの」についての調査結果は…。

◆クリスマスプレゼントで貰いたいものは?
1位 アクセサリー・小物
2位 コスメ・化粧品
3位 マフラー・手袋
4位 イヤホン・ヘッドホン
5位 衣類
6位 財布
7位 お菓子
8位 ギフトカード
9位 時計
10位 ゲーム
10位 花束

「アクセサリー・小物」が1位を獲得する結果となった。身に着けることで、ふとした時に思い出に浸ることが出来るという点から人気が高い傾向にあるようだ。また、同じ理由から「時計」を選択する男子高校生も多く見られた。コメントでは「人によって好みが分かれるような物は、沢山考えて選んでくれたのが伝わるから嬉しい」(高2・女子)などが寄せられた。

最後に、高校生たちがピックアップする「次にくるトレンド」を発表するコーナー!

◆次にくるトレンドは?
【食べ物】アシェットデセール
出来立てを味わう”お皿に盛り付けられたデザート”のこと。
アシェットデセールの専門店「アンプラト(un plato)」が、11月より東京にオープンし、話題を集めている。

【ファッション】白湯(さゆ)メイク
純欲メイクに続く、中国で話題のトレンドメイク。
ナチュラル感を残しながらもしっかり盛れるという点から人気のようだ。

【渋谷トレンドリサーチとは】
1995年から渋谷の街頭に訪れる女子高生を対象に対面アンケートを毎月実施。1998年より調査エリアを東京・名古屋・大阪の三都市に拡大。1990年創立より30年以上継続してトレンドに敏感なティーンを対象としたリサーチを実施し、メディアや企業様に調査データを提供してまいりました。現在は流行に敏感な高校生男女に毎月アンケート調査を実施し、最新トレンド情報やトレンド発生の要因や動向を分かりやすく解説、提供している。

【調査概要】
調査テーマ :クリスマスに関するトレンド調査
調査対象 :高校生(15~18歳) 男女比(5:5)
調査期間 :2022年11月8日(火)~ 11月22日(火)
調査方法 :WEBアンケート調査
有効回答人数 :100名

【出典】渋谷トレンドリサーチ」https://www.i-n-g.co.jp/


2022/12/06 16:22

この記事が気に入ったら


エンターテインメントはエネルギー。芸能界とファンを応援する芸能情報サイト。

関連記事



最新記事
アクセスランキング